【高校バスケ】ウィンターカップ2016の優勝校を予想してみる – 決勝・準決勝の組み合わせと予想

[公開日]
[更新日] 2017/01/09

こんにちは!

早いもので、ウィンターカップも終盤戦です。男女合わせて100校あったチームも残り8校となりました。

泣いても笑っても後、残り2戦です。

ここまでのひできちの予想結果は、

  男子 女子
1回戦 78%(14/18) 78%(14/18)
2回戦 81%(13/16) 88%(14/16)
3回戦 100%(8/8) 75%(6/8)
準々決勝  75%(3/4) 75%(3/4)
83%(38/46) 80%(37/46)

となっており、かなり出来過ぎな感じとなっています。

ちなみに男子2位と予想していた福島南は2回戦目で残念ながら敗退となってしまいましたので、順位予想はすでに外れていますが、本記事では、準決勝、決勝、3位決定戦の組み合わせの掲載と勝敗予想をしてみたいと思います。

ウィンターカップ2016の結果

優勝
男子:福岡第一(福岡)2冠
女子:桜花学園(愛知)3冠

準優勝
男子:東山(京都)
女子:岐阜女子(岐阜)

3位
男子:北陸学院(福井)
女子:昭和学院(千葉)

ひできちの優勝校予想

ひできちの優勝校予想の結果を見てみましょう。

※あくまでもひできちのあてにならない予想結果です。

優勝
❌男子:東山(京都)→準優勝
⭕️女子:桜花学園(愛知)

準優勝
❌男子:福島南(福島) → 2回戦敗退のためハズレ
⭕️女子:岐阜女子(岐阜)

3位
⭕️男子:北陸学院(石川)
❌女子:大阪薫英(大阪) → 4位のためハズレ

男子

インターハイでは福岡第一が優勝していますが、チームの安定感では、東山の方が上かなと思い、インターハイの雪辱を果たして優勝すると予想しました。福岡第一は、準決勝で福島南と対戦すると予想していますが、ここが激戦になるのではないかと。

インターハイでは、準決勝で東山と対戦した福島南ですがほぼ互角の点の取り合いを見せています。

3位決定戦は、北陸学院と福岡第一の対戦となることを予想しています。この対戦は、国体で福岡(福岡第一+福岡大濠)を撃破している石川(ほぼ北陸学院)に分があるのではないかと考えました。

女子

桜花と岐阜女子の中部地区ワンツーは、インターハイと変わらず固い気がしています。特に桜花は、スタートのメンバー全員がU18代表という驚異的なタレントぞろいとなっています。中でも、ひできちは、1年生のときから桜花のポイントガードを務める山本麻衣選手(2年生)に注目しています。U18の試合を見ましたが、2年生とは思えない堂々としたプレーで貫禄すら感じました。

一方の岐阜女子は、桜花とは対照的で目立ったタレントはいないのですがチームディフェンスが非常に優れているチームであると見ています。得点力はないもののそれ以上に相手を抑えて勝つという印象です。インターハイの決勝でも桜花を60点以下に抑えた唯一のチームですから、大したものです。

3位決定戦は、大阪薫英と札幌山の手の対戦となることを予想。この対戦カードは激戦が予想されますので正直悩みますが、インターハイで大阪薫英は岐阜女子と準決勝で僅差の試合をやっている実績から選びました。

男子:決勝の組み合わせと予想

12/29 12:00 –

福岡第一(福岡) 81-78 東山(京都)

❌予想:東山

女子:決勝の組み合わせと予想

12/28 12:00 –

桜花学園(愛知) 67-65 岐阜女子(岐阜)

⭕️予想:桜花学園

両チームともに積極的なオフェンスで、相手のファウルを誘い、ともにファウルの奪い合いとなる。序盤、桜花学園が先行するも徐々に岐阜女子が追い上げて、前半を35-31の桜花の4点差リードで折り返す。

3Q一旦岐阜女子に流れがきて逆転するも、桜花が再度突き放す。終わってみれば、51-46で桜花が5点リードで最終Qへ。

最終Qも接戦が続き、岐阜女子がいれて点差を縮めると桜花がいれて突き放すを繰り返して、最後の最後までわからない試合となりました。

正直、岐阜女子のオフェンス力を侮っていた自分が恥ずかしいです。要所要所できっちりと3ポイントやドライブ、インサイドを決める岐阜女子には感服しました。

ここまで桜花学園を追い詰めるチームはないと思ってましたし、追い詰められた桜花、焦る桜花を見てみたいという思いがあったので、岐阜女子はよくやってくれました。

両チームともに全員が自分の役割を果たし、素晴らしいゲームをしていました。本当に歴史に残る見事な決勝戦だったと思います。

感動しました!

山本麻衣選手が優勝インタビューで「めっちゃ嬉しいです」をやり返したのには、ちょっと笑いました。

男子:3位決定戦の組み合わせと予想

帝京長岡(新潟) 49-59 北陸学院(石川)

⭕️予想:北陸学院

女子:3位決定戦の組み合わせと予想

12/28 10:00 –

大阪薫英(大阪) 59-67 昭和学院(千葉)

❌予想:大阪薫英

大阪薫英の#5 高原選手(23得点、11リバウンド)、昭和学院の#8 赤穂選手(24得点、20リバウンド)と両エースが奮起し3Qまでもつれるも、4Q後半一気に突き放し昭和学院の勝利。

男子:準決勝の組み合わせと予想

12/28 15:20 –

福岡第一(福岡) 89-78(OT2) 帝京長岡(新潟)

⭕️予想:福岡第一

すごい試合でした。3Qまでは、帝京長岡の#14タヒロウ選手を中心としたインサイドや#5 遠藤選手のアウトサイドを中心にペースをつかんでいましたが、9点差リードで迎えた4Q開始早々、福岡第一の前から当たるディフェンスに捕まり2分経たないうちに逆転されてしまう。

その後は、福岡第一のペースで進むが、4Q終盤帝京長岡が息を吹き返し、OTへ突入、OTに入ってからは点の取り合いとなるが、#14タヒロウ選手が退場となる。

#14タヒロウ選手を欠く2回目のOTは、福岡第一の一方的な展開となる。

17:00 –

北陸学院(石川) 70-89 東山(京都)

⭕️予想:東山

女子:準決勝の組み合わせと予想

12/27 10:00 –

桜花学園(愛知) 81-57 大阪薫英(大阪)

⭕️予想:桜花学園

ここまでくると、強豪しか残ってないのですが、その中でも今年の桜花は、ダントツで強いです。おそらく、優勝は揺るぎないものと思われます。大阪薫英も相当強いのですが、今年の桜花に勝てるチームは存在しないんじゃないかとひできちは思っています。

結果:

予想通り、桜花が危なげなく勝利。今年の桜花の試合を見て思うのが、通常、どのスポーツにも存在する流れというものがない。ずっと、桜花のペースで、一方的に単調に試合が進むので、悪く言えばバスケの試合としては、全く面白味がない。それくらいに桜花は強い、強すぎ。

11:40 –

昭和学院(千葉) 61-45 岐阜女子(岐阜)

⭕️予想:岐阜女子

昭和学院がここまでくるとは正直思ってませんでした。赤穂選手が本当によくチームを引っ張ってきていると思います。ただし、岐阜女子戦においては岐阜女子のインサイドの2人(#7ファトー、#8ディヤサン)のマッチアップにどう対応するかがカギとなりそうです。

結果:

最後まで、分からない展開でした。#8赤穂選手が奮闘するももう一人の得点源である#5佐古選手が奮わず、結果16点差で敗退。明日の3位決定戦にまわることが決まりました。

岐阜女子のディフェンスのプレッシャーがきつかった。

総括

ウィンターカップは、やはり高校バスケの集大成であるということを実感しました。インターハイ、国体と優勝して来てもこのウィンターカップで敗れてしまっては全てを失う。逆にこれまで優勝できていなくてもウィンターカップで優勝できれば、全てを取り戻せる。そんな大会だと感じました。

今年、岐阜女子はインターハイ、国体と桜花に決勝で敗れてきたので、ウィンターカップの決勝では、ディフェンディングチャンピオンでありながらも内心はチャレンジャーとして桜花に挑んだと思われます。その強い気持ちが今回の素晴らしい決勝戦につながったのだと思いました。

一度きりの戦いだからこそ、感動のドラマが生まれる、そんな大会だと心から思いました。

ウィンターカップは、すべてのバスケの大会の中で一番客の入る大会であると解説者が言っていましたが、それが分かる気がしました。

本大会でのひできちの中でのベストプレーヤーは、男子は福岡第一の重冨兄弟、女子は桜花学園の山本麻衣選手でした。

重冨兄弟には、良い意味で裏切られ予想が外れましたが、この二人の鋭いドライブで相手を翻弄してかき回す様を見ていると痛快でした。走るバスケを最後まで実践して2冠を達成するという高校バスケの面白さを見せていただきました。

山本麻衣選手は、2年生ながら桜花の司令塔であるポイントガードとして堂々とプレーする姿がかっこよかったです。来年またその姿を見られるということが嬉しいですね。将来が非常に楽しみな選手です。

ちなみに、ウィンターカップ2016全試合のひできちの予想的中率は81%とかなり好調でした。

最後までお付合いいただき、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

“【高校バスケ】ウィンターカップ2016の優勝校を予想してみる – 決勝・準決勝の組み合わせと予想” への 2 件のフィードバック

  1. 大変面白い分析と予想でした!
    おかけでウィンターカップが何倍も楽しく見れました。
    チームを予想することはある意味チーム関係者やファンからすると「ええっ!?」とか「違うやろ!」ということもあるかもしれませんが、根拠ある分析なので、納得できるものだと思いました。是非続けてほしいです。
    ありがとうございました‼
    よいお年をお過ごしください。

    1. 藤井さん

      コメントいただき、ありがとうございました!
      そう言っていただけるとやりがいがあります。

      仰る通り、チーム関係者の方には失礼だなと思いながら書いてましたが、あくまでもひできち個人の勝手な予想ということで、ウィンターカップを少しでも楽しく見ていただければと思っていました。
      今後ともどうぞ、よろしくお願い致します。

      良いお年をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。