【バスケ】2017バスケットボール競技規則のルール変更について

[公開日]

こんにちは!

2015年以来、2年ぶり(施行日から考えると3年ぶり)にバスケのルールが変更されるようです。特にトラベリングのルールが変わるということで、かなり注目スべきルール変更だと思いますので、早速取り上げてみたいと思います。

概要

2017年8月15日付で、FIBAにて承認された「Official Basketball Rules 2017」を受けて、国内にもそれが反映される模様です。

【主な変更点】

  1. トラヴェリング
  2. アンスポーツマンライク・ファウル
  3. ゲーム・ディスクオリフィケーション

【施行開始時期】

  1. FIBA主催大会:2017年10月1日~
  2. 国内トップリーグ(Bリーグ、WJBL):2017-18シーズン~
  3. 天皇杯・皇后杯:3次ラウンド(2017.11.25)~
  4. その他国内大会:2018年4月1日~

ということで、プロ並みのトップレベル、国際大会レベルでバスケをやっている人以外は、来年の4月からということになりますが、特にトラヴェリングのルールについては、すぐに対応できるものではないので、できる限り準備はしておいたほうが良いでしょうね。

変更点1 トラヴェリング

以下の文言がルールとして追記予定です。

動きながら片足が床についてボールを受け取るときやドリブルをしていたプレイヤーがドリブルを終えるとき、床についている足の「次の足(他方の足)をピヴォット・フット」とする。

これまではボールを保持する瞬間についている足をピヴォット・フット(軸足)にする必要がありましたが、ルール変更後は、その次に付いた足をピヴォット・フット(軸足)にできるというものです。

つまり、ボール保持の瞬間にこれまでよりも1歩多く動けることになります。ただし、あくまでも「動きながら」ということですので、止まった状態ではこのルールが適用されないことに注意が必要です。

要は、これまでゼロステップという言葉で処理されてきた暗黙のルールが明文化されたと解釈していますので、トップレベルではすでに取り入れている団体も多いと思います。

 

変更点2 アンスポーツマンライク・ファウル

アンスポのルールに以下が追記されます。

(3) ディフェンスプレイヤーが直接ボールにプレイせず、速攻を止めることだけを目的とした必要のないファウル、またはオフェンスの進行を妨害することを目的とした必要のないファウル
(このルールはオフェンス側のプレイヤーがショットの動作に入るまで適用される)

これは、Bリーグを見ていると結構多用されていたように思います。簡単に得点されないように、ディフェンスの仕切り直しするために戦略的にファウルを使っていたものと思いますが、これが禁止されます。

JBAのページにイメージ映像がありましたので、引用させていただきます。

事例① 「速攻を止めるファウル」

事例②「ゲーム終盤のファウル」

これを見ると、ゲーム終盤のいわゆるファウルゲームが禁止になるようなイメージなのでしょうか。

ファウルゲームはバスケットボールのゲームにおいて重要な要素の1つだと考えていますので、それが禁止になるとなんとも味気ないゲームが多くなり、つまらない気がするのは自分だけでしょうか?

変更点3 ゲーム・ディスクオリフィケーション

ゲーム・ディスクオリフィケーションのルールとして以下が追記されます。

1プレイヤーにテクニカル・ファウルが1回、アンスポーツマンライク・ファウルが1回、合計2回が記録された場合に失格・退場となる。なお、コーチ(プレイヤー兼)に関しても同様とする。

これはそのまんまですね。個々のファウルは2回で失格・退場でしたが、あわせ技1本はなかったので、追記されたようです。

最後に

この規則は、FIBAから通達があったばかりですので国内での吟味はまだ不十分だと思われます。2018年の3月ごろに改訂されたルールが刊行されるようですので、それまでに運用面含めて議論がされることでしょう。

ちなみに現状のアナウンスについては、以下のJBAページをご参照ください。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Print this page
Print
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。