【バスケ】インターハイ2018の出場校と注目選手

[公開日]
[更新日] 2018/07/16

こんにちは!

今年もインターハイバスケの季節がやってきました。出場校もほぼ出揃ってきたので、注目選手を見ていきたいと思います。

大会概要

名称:平成30年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(通称:インターハイ)

開催期間:2018年8月1日(水)-8月7日(火)

8/1(水) 開会式
8/2(木) 1回戦
8/3(金) 2回戦
8/4(土) 3回戦
8/5(日) 準々決勝
8/6(月) 準決勝
8/7(火) 決勝&閉会式

※3位決定戦は行いません。

開催場所:愛知県

参加校について

参加校は、男女各59校となっておりその内訳は以下のとおりです。ウィンターカップよりも出場枠が多く、激戦区の2番手、3番手の高校も出場できるチャンスがあるというのが特徴です。

  • 都道府県より男女各1校
  • 開催県(愛知県)より男女各1校
  • 上記に加えて、東京は男女各2校、北海道、大阪、神奈川、埼玉、千葉、静岡、愛知、兵庫、福岡は男女各1校

 

地方予選の状況

現在の地方予選の状況です。新しい情報が入り次第更新していきます。

北海道

男子:東海大札幌、駒澤大苫小牧

東海大札幌の#4島谷怜選手、#5原田一真選手、駒沢大苫小牧の#5佐藤大介選手が、北海道大会のベスト5に選ばれています。

女子:札幌山の手、札幌東商

札幌山の手の#4東藤なな子選手、#6畠山愛花選手、札幌東商の#4山田月南選手が、北海道大会のベスト5に選ばれています。

特に#4東藤なな子選手は、昨年も注目選手としてあげましたが、U18に選ばれるなど1年次よりベンチ入りし、全国大会平均13.1ptsをあげる得点力のある選手です。

東北

第73回東北高等学校バスケットボール選手権大会 兼 第54回NHK杯大会

男子:1.明成、2.聖和学園、3.能代工業、福島東稜

女子:1.聖和学園、2.帝京安積、3.湯沢翔北、大曲

青森

男子:八戸学院光星

女子:柴田女子

岩手

男子:一関工業

女子:一関学院

宮城

男子:明成

1年次よりずっと#10をつけている#10田中裕也選手の得点力(全国大会平均17.5pts)に注目です。5月に行われた能代カップでも優秀選手賞を獲得しています。さらにU18にも選出されています。

女子:聖和学園

2年次にU18代表に選ばれた今野紀花選手(全国大会平均18pts)に注目です。

秋田

男子:能代工業

女子:湯沢翔北

山形

男子:羽黒

女子:山形商業

福島

男子:福島東稜

女子:福島西

関東

関東は、関東選手権の後に地方予選やるみたいですね。

ですので、関東選手権の結果が先に出るという事になります。

男子:
A 1.八王子、2.桐光学園、3.土浦日大、日体大柏
B 1.取手第二、2.厚木東、3.市立船橋、幕張総合

女子:
A 1.八雲学園、2.明星学園、3.アレセイア湘南、昭和学院
B 1.佼成学園、2.桐生商、3.土浦日大、富士学苑

茨城

男子:土浦日大

山崎凛選手、結城智史選手(2年)は、U16日本代表に選ばれています。

女子:土浦日大

2年次より主力メンバーとして活躍している#4児玉志織選手(全国大会平均18.7pts)の得点力に注目です。関東大会でも毎試合スコアリーダーとして活躍しています。

栃木

男子:文星芸大

女子:矢板中央

群馬

男子:前橋育英

#5萩原健斗選手は、2年次よりベンチメンバーとして出場している選手です。

女子:常磐

埼玉

男子:正智深谷、埼玉栄

女子:川越、正智深谷

千葉

男子:八千代松陰、市立船橋

女子:昭和学院、千葉経済

東京

男子:八王子、実践学園、日本学園

女子:八雲学園、明星学園、東京成徳

八雲学園の#4奥山理々嘉選手(全国大会平均23.2pts)は、1年次よりスタートメンバーでありU16,17,18日本代表と超高校級の選手です。今大会1番の注目選手と言っても過言ではないでしょう。

また、小村日夏理選手も2年次にU18代表に選出されており、今年の八雲は全国上位に食い込めるタレントが揃っています。

神奈川

男子:桐光学園、厚木東

女子:アレセイア湘南、鵠沼(くげぬま)

山梨

男子:市川

女子:韮崎

北信越

平成30年度 北信越高等学校体育大会バスケットボール競技会
第57回北信越高等学校バスケットボール選手権大会

男子:1.開志国際、2.東海大諏訪、3.北陸、3.北陸学院

女子:1.津幡、2.開志国際、3.足羽、3.新潟清心女子

長野

男子:東海大諏訪

女子:東海大諏訪

新潟

男子:開志国際

丸山遼選手、和田蓮太郎選手はU18に選ばれています。

女子:開志国際

富山

男子:高岡第一

女子:龍谷富山

石川

男子:北陸学院

女子:津幡

福井

男子:北陸

女子:足羽

林未沙選手は、昨年U16日本代表の中心選手として活躍。

東海

第65回東海高等学校総合体育大会バスケットボール競技

男子:1.中部大第一、2.飛龍、3.美濃加茂、4.四日市工業

女子:1.安城学園、2.桜花学園、3.岐阜女子、4.浜松開誠館

岐阜

男子:美濃加茂

女子:岐阜女子

池田沙紀選手は、2年次にU18日本代表に選出されています。

静岡

男子:飛龍、藤枝明誠

女子:浜松開誠館、常葉

愛知

男子:中部大第一、桜丘、愛産大工業

中部大第一の#4中村拓人選手(全国大会平均11.75pts、U16)#15バトゥマニ・クリバリ選手(全国大会平均10.0pts)は、能代カップで優秀選手賞に選ばれています。両選手は、昨年よりベンチメンバーとして活躍しています。

女子:桜花学園、安城学園、名古屋女子大

桜花学園の平下愛佳選手(2年)は、1年次からベンチメンバーとして活躍し、U16日本代表を経験。桜花学園の新たなスターが誕生の予感。また、中澤梨南選手もU16日本代表として選出されている。

安城学園の穴澤冴選手は、2年次にU18代表に選出されています。

三重

男子:四日市工業

昨年よりベンチメンバーとして活躍している#6水谷祐葵選手(全国大会平均16.0pts)に注目です。

女子:四日市商業

近畿

第65回近畿高等学校バスケットボール大会
男子:1.洛南、2.東山、3.報徳、鳥羽

女子:1.薫英、2.大阪桐蔭、3.奈良文化、京都精華

滋賀

男子:光泉

女子:滋賀短大附属

京都

男子:東山

経験を積んだ206cmのパトリック選手(全国大会平均28.6pts)をとめられる人はいるのでしょうか。。。

女子:京都精華

高橋未来選手は、1年次にU16日本代表を経験。

大阪

男子:近畿大付属、大阪桐蔭

女子:薫英女子、大阪桐蔭

兵庫

男子:報徳学園、神戸科学技術

女子:尼崎、神戸龍谷

奈良

男子:奈良育英

女子:奈良文化

和歌山

男子:和歌山工業

女子:和歌山信愛

中国

第62回 中国高等学校バスケットボール選手権大会

男子:1.豊浦、2.広島皆実、3.松江東、出雲北陵

女子:1.徳山商工、2.広島皆実、3.倉敷、美鈴が丘

鳥取

男子:倉吉総合

女子:鳥取城北

島根

男子:出雲北陵

女子:松江商業

岡山

男子:岡山工業

女子:就実

広島

男子:広島皆実

女子:広島皆実

山口

男子:豊浦

女子:徳山商工

四国

第69回 山口県高等学校総合体育大会 バスケットボール競技

男子:1.新田、2.松山工業、3.高知中央、尽誠学園

女子:1.聖カタリナ、2.英明、3.高瀬、高知中央

徳島

男子:海部

女子:城南

香川

男子:尽誠学園

女子:英明

愛媛

男子:松山工業

女子:聖カタリナ

梅木千夏選手(全国大会平均15.4pts)は、2年次にU18日本代表に選出されています。

高知

男子:高知中央

女子:高知中央

九州

平成30年度 全九州高等学校体育大会
第71回 全九州高等学校バスケットボール競技大会

男子:1.福岡第一、2.福大大濠、3.コザ

女子:1.精華女子、2.東海大福岡、3.西原、小林

福岡

男子:福岡第一、福岡大濠

福岡第一は、U16にも選ばれている河村勇輝選手(2年)に注目です。1年次からチームのポイントガードとして活躍しています。身長は小さいですが、まさに富樫勇樹選手のようなスピードとドリブルテクニックを持っています。

福岡大濠の土屋大輝選手、木林優選手はU18に選ばれています。また、1年次より中心選手として活躍している福岡大濠の中田嵩基選手は、高校生で唯一U19日本代表に選ばれており、そのゲームコントロールに注目です。さらに昨年より中心選手として出場している2年の横地聖真選手(全国大会平均11.2pts、U16)の成長ぶりにも注目です。

女子:精華女子、東海大福岡

佐賀

男子:佐賀北

女子:佐賀北

長崎

男子:長崎西

女子:長崎女子

熊本

男子:九州学院

女子:慶誠

大分

男子:大分舞鶴

女子:藤蔭

宮崎

男子:小林

女子:小林

鹿児島

男子:川内

女子:純心女子

沖縄

男子:コザ

女子:西原

おわりに

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Print this page
Print
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

「【バスケ】インターハイ2018の出場校と注目選手」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。