【高校バスケ】ウィンターカップ2016の優勝校を予想してみる-3・4回戦の組み合わせと予想

[公開日]
[更新日] 2016/12/28

こんにちは!

23日に開幕したウィンターカップ2016ですが、早3日目となりました。ひできちは、毎日家に引きこもって、一日中J-Sportsオンデマンド観戦をしています。

そろそろ、運動不足でやばいです。

この記事では、3回戦と準々決勝の組み合わせと予想を掲載したいと思います。

優勝校と1回戦、2回戦の勝敗予想の記事はこちらです。

【高校バスケ】ウィンターカップ2016の優勝校を予想してみる-優勝校予想と1回戦の組み合わせ-

【高校バスケ】ウィンターカップ2016の優勝校を予想してみる-2回戦の組み合わせと予想

ちなみに現時点での1回戦からの予想的中率は、

男子:34戦中27戦的中 → 約79%

女子:34戦中28戦的中 → 約82%

とまずまずです。3回戦以降は、それほど大差になることがないと思われますので、予想は困難で的中率は下がってくるものと思われますが。。。どうなるでしょうか。

ひできちの優勝校予想

まずは、ひできちの優勝校予想を振り返っておきます。

※あくまでもひできちのあてにならない予想結果です。

優勝
男子:東山(京都)
女子:桜花(愛知)

準優勝
男子:福島南(福島)
女子:岐阜女子(岐阜)

三位
男子:北陸学院(石川)
女子:大阪薫英(大阪)

男子

インターハイでは福岡第一が優勝していますが、チームの安定感では、東山の方が上かなと思い、インターハイの雪辱を果たして優勝すると予想しました。福岡第一は、準決勝で福島南と対戦すると予想していますが、ここが激戦になるのではないかと。

インターハイでは、準決勝で東山と対戦した福島南ですがほぼ互角の点の取り合いを見せています。

3位決定戦は、北陸学院と福岡第一の対戦となることを予想しています。この対戦は、国体で福岡(福岡第一+福岡大濠)を撃破している石川(ほぼ北陸学院)に分があるのではないかと考えました。

女子

桜花と岐阜女子の中部地区ワンツーは、インターハイと変わらず固い気がしています。特に桜花は、スタートのメンバー全員がU18代表という驚異的なタレントぞろいとなっています。中でも、ひできちは、1年生のときから桜花のポイントガードを務める山本麻衣選手(2年生)に注目しています。U18の試合を見ましたが、2年生とは思えない堂々としたプレーで貫禄すら感じました。

一方の岐阜女子は、桜花とは対照的で目立ったタレントはいないのですがチームディフェンスが非常に優れているチームであると見ています。得点力はないもののそれ以上に相手を抑えて勝つという印象です。インターハイの決勝でも桜花を60点以下に抑えた唯一のチームですから、大したものです。

3位決定戦は、大阪薫英と札幌山の手の対戦となることを予想。この対戦カードは激戦が予想されますので正直悩みますが、インターハイで大阪薫英は岐阜女子と準決勝で僅差の試合をやっている実績から選びました。

男子:3回戦の組み合わせと予想

12/26 10:00 –

Aコート
四日市工業(愛知) 68-83 市立船橋(千葉)
⭕️予想:市立船橋

11:40 –

Aコート
帝京長岡(新潟) 91-57 近大付属(大阪)
⭕️予想:帝京長岡

13:20 –

Aコート
延岡学園(宮崎) 68-67 洛南(京都)
⭕️予想:延岡学園

Bコート
福岡第一(福岡) 89-75 広島皆実(広島)
⭕️予想:福岡第一

Cコート
育英(兵庫) 85-86 北陸(福井)
⭕️予想:北陸

15:00 –

Aコート
正智深谷(埼玉) 83-97 土浦日大(茨城)
⭕️予想:土浦日大

Bコート
興南(沖縄) 70-93 東山(京都)
⭕️予想:東山

Cコート
浜松学院(静岡) 68-75 北陸学院(石川)
⭕️予想:北陸学院

女子:3回戦の組み合わせと予想

12/25 9:00 –

Aコート
いなべ総合(三重) 44-77 大阪薫英(大阪)
⭕️予想:大阪薫英

 Bコート
札幌山の手(北海道) 93-82 星城(愛知)
⭕️予想:札幌山の手

Cコート
八雲学園(東京) 99-89 県立旭(神奈川)
⭕️予想:八雲学園

Dコート
浜松開誠館(静岡) 58-43 湯沢翔北(秋田)
❌予想:湯沢翔北

10:40 –

Aコート
東京成徳(東京) 65-85 開志国際(新潟)
❌予想:東京成徳

Bコート
桜花学園(愛知) 88-41 山形商業(山形)
⭕️予想:桜花学園
前半は、山形商業がなんとかついていったという感じでしたが、後半に入り桜花の得点が伸びてくると徐々に離されていきました。桜花は後半途中からはベンチメンバー中心でやっていましたが、全く戦力が落ちたという感じを受けず層の厚さを再認識する試合でした。
特に#15藤本選手は、非常にうまいという印象を受けました。軸が全くぶれず安定してシュートを打てる体幹に優れた選手だと思います。まだ2年生ですので今後の活躍に注目です。

Cコート
広島皆実(広島) 50-80 岐阜女子(岐阜)
⭕️予想:岐阜女子

Dコート
和歌山信愛(和歌山) 65-81 昭和学院(千葉)
⭕️予想:昭和学院

男子:準々決勝の組み合わせと予想

12/27 13:20 –

福岡第一 79-62 市立船橋
⭕️予想:福岡第一

前半接戦するも、後半は福岡第一の速攻を中心とするオフェンスで、ジワジワと引き離していく。

後半は、重冨兄弟のショータイムでした。この二人の能力は、ほんとすごいですね。ミドルシュート、ロングシュートの精度が上がったら、もう手がつけられないという感じです。

15:00 –

帝京長岡 81-51 延岡学園
❌予想:延岡学園

帝京長岡の#14タヒロウ選手が、延岡学園の#5ママドゥ選手を3得点と完全に封じ込めていました。自身も、32得点、19リバウンドの大活躍で勝利に貢献。

帝京長岡の完勝でした。

16:40 –

北陸 84-93 東山
⭕️予想:東山

前半は、北陸がリードするも東山の#4 岡田の3試合連続30得点の活躍により逆転勝利。盤石かと思われた東山でしたが、すんなりと優勝とはいかないかもしれません。

18:20 –

土浦日大 65-80 北陸学院
⭕️予想:北陸学院

終始、北陸学院がペースを崩さずにやっているという印象でした。北陸学院は速攻はほとんど出さず、24秒いっぱい使って最後に1on1でゴールを狙うというゆったりとしたペースなのですが、土浦日大はそれに付き合わさせていたという印象です。

土浦日大のエース#5杉本選手(18得点)もそのペースに飲み込まれていつもよりも振るわず、逆に北陸学院のエース#12大倉選手(34得点)のゾーンにはまるプレイで突き放されてしまいました。

女子:準々決勝の組み合わせと予想

12/26 10:00 –

Bコート
桜花学園(愛知) 78-55 開志国際(新潟)
⭕️予想:桜花学園
終始リードの危なげない試合で、桜花学園が勝利。ポイントガードの#9山本麻衣選手が3ポイント5本を含む21得点、4アシスト。

Cコート
浜松開誠館(静岡) 44-71 大阪薫英(大阪)
⭕️予想:大阪薫英
サイズの差だけではないと思いますが、それが少なからずも影響しているように思いました。浜松は果敢にドライブするもブロックされるシーンが多く、攻め手がなくなっていたように思います。

11:40 –

Bコート
札幌山の手(北海道) 55-91 昭和学院(千葉)
予想:札幌山の手

Cコート
八雲学園(東京) 51-69 岐阜女子(岐阜)
⭕️予想:岐阜女子

最後までお付合いいただき、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

“【高校バスケ】ウィンターカップ2016の優勝校を予想してみる-3・4回戦の組み合わせと予想” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。