【バスケ】FIBA U19女子バスケットボールW杯2017【日本代表】

[公開日]

こんにちは!

すっかり見落としていましたが、7/22よりU19の女子W杯が始まりますので、急遽内容をまとめてみました。

U19男子のW杯は、7/9に全日程を終えて日本は、全16チーム中10位という成績でした。大健闘ではあったと思いますが、惜しい試合が多数あったのでもう一声という感じがしました。

女子は、なんとかメダルを目指して欲しいですね。

大会概要

日程:2017年7月22日(土)~30日(日)

会場:イタリア ウーディネ、チヴィダーレ・デル・フリウーリ

出場チーム:全16チーム

 グループA:中国(9)、マリ(13)、アメリカ(1)、イタリア(10)

 グループB:プエルトリコ(22)、ロシア(5)、エジプト(25)、スペイン(2)

 グループC:カナダ(4)、ラトビア(24)、フランス(3)、韓国(15)

 グループD:ハンガリー(14)、オーストラリア(7)、日本(11)、メキシコ(18)

※カッコ内は、FIBAランク

競技方法:

 【予選ラウンド】
 ・各グループの総当たり戦を行いグループ内の順位を決定する。

 【決勝ラウンド】
 ・16チームで以下の組み合わせの対戦を行い勝者8チームが決勝トーナメントへ進む。
 A1 vs B4、A2 vs B3、A3 vs B2、A4 vs B1(CとDの対戦も同様)

 ・3位決定戦および上記の敗者も順位決定戦を実施し、すべての順位を決める。

本大会の位置づけ

本大会は、2年おきに開催されるU19の国際大会の最高峰という位置づけです。日本女子は過去7位が最高ということで、ぜひともベスト4入り、いやメダルを目指して頑張って欲しいと思いますし、十分に可能だと思っています。

ちなみに2005年以降は、米国が不動の1位となっており、2位以下は流動的な感じです。

 

 

日本代表チーム

今回選出された代表選手は以下の12名です。

高校生の選出はなく、すべて大学生とWリーグ所属の選手で構成されています。当たり前ですが、昨年まで高校3年生だった選手がほとんどですね。

#4 佐坂 樹 (白鷗大学 2年)
#5 澁谷 咲月 (早稲田大学 2年)
#6 佐古 瑠美(デンソーアイリス)
※怪我のため急遽変更となりました。
#6 阿部 泉美 (東京医療保健大学 1年)
#7 江良 萌香 (アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)
#8 梅沢 カディシャ樹奈 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#9 栗林 未和 (富士通 レッドウェーブ)
#10 赤穂 ひまわり (デンソー アイリス)
#11 宮下 希保 (アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)
#12 馬瓜 ステファニー (トヨタ自動車 アンテロープス)
#13 笠置 晴菜 (デンソー アイリス)
#14 髙原 春季 (アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)
#15 藤田 歩 (拓殖大学 1年)

昨年のウィンターカップで活躍した選手が多く、非常に楽しみです。

 

 

日程

7月22日(土)13:30~ vs オーストラリア(7)
結果:○ 日本66-61オーストラリア

7月23日(日)14:00~ vs ハンガリー(14)
結果:○ 日本68-59ハンガリー

7月25日(火)14:00~vs メキシコ(18)

初戦でいきなり格上のオーストラリアですが、この試合が鍵を握りそうですね。順当に行けば2位通過。できれば1位通過したいところです。

→ オーストラリアにも勝利し、その勢いでハンガリー撃破とよいスタートダッシュがきれています。これは期待できますね!

結果は随時アップしていきます。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。