【バスケ】注目選手の進路を調べてみた2017(高校女子編)

[公開日]
[更新日] 2017/08/10

こんにちは!

日本バスケ界の各校にて世代交代が進んでいると思われますが、各校で今年活躍した選手がどこに進学するのか気になりますね。

そこで、注目選手の進学先について調べた情報をまとめて掲載したいと思います。

この記事は、高校女子編になります。

男子編はこちらになります。

桜花学園(IH、WC優勝)

#4 馬瓜ステファニー(U18、19.5pt)
 → トヨタ自動車(Wリーグ)

#6 赤木里帆(U18、10.3pt)
 → 東京医療保健大学(関東1部)

#7 粟津雪乃(U18、10.6pt)
 → デンソー(Wリーグ)

#8 梅沢樹奈(U18、11.3pt)
 → JX-ENEOS(Wリーグ)

#10 佐古瑠美(U18、9.5pt)
 → デンソー(Wリーグ)

それにしても桜花学園は、注目選手が多いですね。直接Wリーグ行く人も多いのが女子の特徴です。

※カッコ内は、全国大会の得点のアベレージです。

岐阜女子(IH、WC準優勝)

#4 石井香帆(10.5pt
 → 早稲田大学(関東1部)

#5 藤田歩(5.6pt)
 → 拓殖大学(関東1部)

昭和学院(IH16、WC3)

#8 赤穂ひまわり(U16,17,18、23.9pt)
 →デンソー(Wリーグ)

大阪薫英(IH4、WC4)

#4 金田愛奈(12.7pt)
 →大阪人間科学大学(関西1部)

#5 高原春季(U16,17,18、17.0pt)
 →アイシン(Wリーグ)

#7 奥伊吹(11.1pt)
 →松蔭大学(関東2部)

札幌山の手(IH4、WC8)

#4 栗林未和(U18、23.8pt)
 →富士通(Wリーグ)

#6 池田玲奈(17.3pt
 →北翔大学(北海道)

浜松開誠館(IH2R、WC8)

#4 陽本麻優(17.5pt
 →奈良学園大学(関西1部)

八雲学園(IH16、WC8)

#4 佐藤由璃香(20.9pt)
 →筑波大学(関東1部)

#7 吉田舞衣(18.6pt)
 →拓殖大学(関東1部)

就実(IH8、WC2R)

#4 塩見あずさ(19.0pt)
 → 大阪教育大(関西2部)

#5 青木翔菜琳 (20.0pt)
 → 中部大学(東海1部)

東京成徳(IH8、WC3R)

#8 濱西七海(16.0pt)
 → 順天堂大学(関東1部)

#10 清水 智央(12.8pt)
 → 明治大学(関東2部)

いなべ総合(IH16、WC16)

#7 橋本椋(12.0pt)
 →立命館大学(関西1部)

山形商業(IH2R、WC16)

#4 佐藤美羽(17.0pt)
 →山形大学(東北)

#6 小鷹実春(15.6pt)
 →不明

湯沢翔北(IH1R、WC16)

#5 高橋果林(19.3pt)
 →不明

和歌山信愛(IH2R、WC16)

#4 唐澤美空(23.0pt)
 →名古屋経済大学(東海)

#6 成田めぐみ(19.0pt)
 →名古屋経済大学(東海)

広島皆実(IH16、WC16)

#4 竹内優香(17.7pt
 →福岡教育大学(九州)

県立小林(IH16、WC2R)

#7 加治屋千遥
 →東京医療保健大(関東1部)

明星学園(IH16)

#4 オコエ桃仁花
 →デンソー(Wリーグ)

聖カタリナ(IH16、WC2R)

#8 渡部真衣(8.6pt
 →専修大学(関東1部)

足羽(IH16、WC1R)

#5 宮下希保(U18、19.8pt)
 →アイシン(Wリーグ)

主な進路一覧
JX−ENEOS(Wリーグ)

梅沢樹奈(桜花学園:U18、11.3pt)

富士通(Wリーグ)

栗林美和(札幌山の手:U18、23.8pt)

トヨタ自動車(Wリーグ)

馬瓜ステファニー(桜花学園:U18、19.5pt)

デンソー(Wリーグ)

粟津雪乃(桜花学園:U18、10.6pt)

佐古瑠美(桜花学園:U18、9.5pt)

赤穂ひまわり(昭和学院:U16,17,18、23.9pt)

オコエ桃仁花(明星学園:U16)

アイシン(Wリーグ)

宮下希保(足羽:U18、19.8pt)

高原春季(大阪薫英:U16,17,18、17.0pt)

早稲田大学(関東1位)

石井香帆(岐阜女子:10.5pt)

東京医療保健大学(関東3位)

赤木里帆(桜花学園:U18、10.3pt)

加治屋千遥(県立小林)

拓殖大学(関東4位)

藤田歩(岐阜女子:5.6pt)

吉田舞衣(八雲学園:18.6pt)

筑波大学(関東5位)

佐藤由璃香(八雲学園:20.9pt)

専修大学(関東6位)

渡部真衣(聖カタリナ:8.6pt)

順天堂大学(関東7位)

濱西七海(東京成徳:16.0pt)

大阪人間科学大学(関西)

金田愛奈(大阪薫英:12.7pt)

こうみるとデンソーはかなり大型補強してますね。まあ、すぐにどうこうではないかもしれませんが、今後、女王JX-ENEOSにどこまで食らいつけるのかが楽しみです。

最後までお付合いいただき、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。

B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。

現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

「【バスケ】注目選手の進路を調べてみた2017(高校女子編)」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。