2016年度 バスケットボール男子日本代表について

[公開日]

女子の日本代表は、早々とリオ・オリンピック出場を決めましたが、男子はどうなっているのかが気になったので、調べてみました。

男子日本代表チームは、リオ・オリンピックの最終予選を7月に控えています。

現在は、第3次強化合宿ということで、6月7日にメンバー16名が発表されています。

第3次強化合宿参加メンバー

#0 田臥 勇太 (リンク栃木ブレックス)
#3 辻 直人 (東芝川崎ブレイブサンダース)
#6 比江島 慎 (シーホース三河)
#7 篠山 竜青 (東芝川崎ブレイブサンダース)
#8 太田 敦也 (三遠ネオフェニックス)
#10 竹内 公輔
#11 橋本 竜馬 (シーホース三河)
#12 渡邊 雄太 (ジョージ・ワシントン大学 2年)
#14 金丸 晃輔 (シーホース三河)
#15 竹内 譲次
#16 松井 啓十郎 (アルバルク東京)
#24 田中 大貴 (アルバルク東京)
#25 古川 孝敏 (リンク栃木ブレックス)
#27 ファイ パプ月瑠 (新潟アルビレックス バスケットボール)
#34 小野 龍猛 (千葉ジェッツ)
#42 広瀬 健太 (日立サンロッカーズ東京・渋谷)

※日本バスケットボール協会ウェブサイトより引用

この中でも、自分は篠山選手に注目しています。

篠山選手は、ちょうど10年前の2016年に、北陸高校(福井)で3年生の時にインターハイに出場して優勝しています。

当時、優勝候補といわれていた洛南高校(大阪)を破った決勝の試合をテレビで見ていましたが、北陸高校の素早い速攻からの攻撃は、見ていて非常に気持ちの良いものでした。

こういった速攻は、北陸高校のお家芸ともいわれていますが、この速攻を支えていたのが、多嶋朝飛、篠山竜青、井出勇次の3ガードでした。

この3人が繰り出す速攻は、非常に素早く爽快でした。

その中でも、篠山選手のバスケスキル、身体能力の高さには魅了されました。

余談にはなりますが、北陸高校は名ポイントガードを生み出す高校でもあると思います。

元日本代表の佐古 賢一氏、石崎 巧選手、五十嵐 圭選手も北陸高校出身です。

バスケットボールにとって、身長という要素は、非常に大きいのですが、それを凌駕するようなスピードのプレーというのもバスケットボールの魅力のひとつだと思います。

日本代表での篠山選手の活躍に期待大です!

FIBA男子オリンピック世界最終予選

以下の全18チームで7月4日から行われますが、オリンピックへの出場権は、各会場から1チームの計3チームが獲得できます。

つまり日本は、セルビア会場で優勝すればオリンピック出場が決まります。

まず、グループごとに総当たりを行い、2チームずつ選出し、4チームのトーナメント戦で優勝を決めます。

■セルビア会場

グループA:セルビア、アンゴラ、プエルトリコ

グループB:日本、チェコ、ラトビア

■フィリピン会場

グループA:トルコ、セネガル、カナダ

グループB:フランス、ニュージーランド、フィリピン

■イタリア会場

グループA:ギリシャ、メキシコ、イラン

グループB:チュニジア、クロアチア、イタリア

日本のFIBAランキングは、18チーム中の最下位ということで、非常に厳しい戦いになると思われますが、男女アベック出場に向けて頑張ってほしいです!

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。

B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。

現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。