【バスケ】残留?移籍?引退?2024-25シーズンのBリーグ契約事情

[公開日]
[更新日] 2024/06/19

こんにちは!

Bリーグ、B1チームの2024-25シーズンの選手の移籍状況をまとめました。

※2024/6/19 現在

※ちなみに過去の移籍状況はこちら

【バスケ】残留?移籍?引退?2023-24シーズンのBリーグ契約事情
【バスケ】残留?移籍?引退?2022-23シーズンのBリーグ契約事情

【バスケ】残留?移籍?引退?2021-22シーズンのBリーグ契約事情
【バスケ】残留?移籍?引退?2019-20シーズンのBリーグ契約事情

東地区

レバンガ北海道(東7位)

昨年度と同じく東地区7位。強豪ぞろいの東地区の中で浮上するための補強は行われるのか

契約継続
#2 ドワイト・ラモス(SG/SF/193cm/1998/ア枠)
#4 寺園 修斗(PG/172cm/1994)
#6 菊地 広人(PG/SG/178cm/2001)
#7 中野 司(SG/185cm/1996)
#15 島谷 怜(PG/175cm/2000)
#40 トーマス・ウェルシュ(C/213cm/1996)
#66 松下 裕汰(PG/SG/180cm/1999)
#81 関野 剛平(SG/SF/183cm/1994)

新加入
#5 ライアン・クリーナー(PF/208cm/1998)
#14 星野 京介(SG/184cm/1999) ← 信州
#34 盛實 海翔(SG/186cm/1997) ← 渋谷

自由交渉選手リスト
#17 綿貫 瞬(PG/178cm/1987)
#24 デモン・ブルックス(SF/PF/202cm/1992)
#37 高橋 幸(PG/169cm/2002)

移籍
#1 ナナー・ダニエル弾(PF/199cm/1997) → 横浜
#21 ダラル・ウィリスジュニア(PF/C/206cm/1996)
#22 リード・トラヴィス(PF/C/203cm/1995) → 渋谷

引退
#11 桜井 良太(SG/SF/194cm/1983)

未確認


仙台89ERS(東6位)

契約継続
#5 ヤン・ジェミン(SF/201cm/1999/ア枠)
#14 青木 保憲(PG/182cm/1995)
#15 渡辺 翔太(PG/168cm/1998)
#45 ネイサン・ブース(PG/C/208cm/1994)

新加入
#2 星野 曹樹(SF/195cm/1997) ← 群馬
#8 多嶋 朝飛(PG/173cm/1988) ← 大阪
#23 半澤 凌太(SF/192cm/2000) ← 京都

自由契約選手リスト
#0 小林 遥太(PG/178cm/1991)
#7 澤邉 圭太(SG/185cm/1995)
#25 ラショーン・トーマス(PF/203cm/1994)

移籍
#6 岡田 泰希(PG/SG/176cm/1999) → 滋賀
#13 阿部 諒(SG/183cm/1995) → 渋谷
#21 渡部 琉(SF/193cm/2000) → 広島

未確認
#91 片岡 大晴(SG/184cm/1985)

#52 ヴォーディミル・ゲルン(C/208cm/1994)


秋田ノーザンハピネッツ(東5位)

秋田といえば、能代を思い出す人も多いと思います。まさにバスケ好きが多い地域で、クレイジーピンクで知られる熱狂的なブースターに支えられています。一時、B2降格となったこともありましたが、東地区でも5割近くの勝率を残せるくらいになりました。

契約継続
#6 赤穂 雷太(SG/SF/196cm/1998)
#11 熊谷 航(PG/173cm/1996)
#15 タナー・ライスナー(PF/201cm/1995)
#17 中山 拓哉(PG/SG/182cm/1994)
#20 小栗 瑛哉(PG/174cm/2001)

新加入
#0 ガディアガ・モハマド アル バシール(SG/SF/189cm/1998/ア枠)
#12 元田 大陽(SG/190cm/2002)
#77 土屋 アリスター時生(PF/201cm/1995) ← 大阪

自由交渉選手リスト
#00 スティーブ・ザック(C/211cm/1992)
#2 藤永 佳昭(PG/175cm/1992)
#7 アンジェロ・チョル(PF/206cm/1993)
#24 保岡 龍斗(SG/SF/188cm/1995)
#32 ハビエル・カーター(C/203cm/1991)

移籍
#1 王 偉嘉(PF/198cm/1998/ア枠) → 福島
#21 長谷川 暢(PG/174cm/1996) → 茨城
#51 古川 孝敏(SG/SF/190cm/1987) → 京都

未確認
#5 田口 成浩(SG/184cm/1990)


茨城ロボッツ(東8位)

なんとかB1残留となったシーズン

契約継続
#2 モサクダミロラ(PG/SG/193cm/2001)
#7 浅井 修伍(SF/197cm/2000)
#11 チェハーレス・タプスコット(PF/195cm/1990)
#13 中村 功平(PG/SG/181cm/1996)
#21 エリック・ジェイコブセン(PF/C/208cm/1994)
#25 平尾 充庸(PG/178cm/1989)
#29 鶴巻 啓太(SG/SF/189cm/1996)

新加入
#17 駒沢 颯(PG/188cm/1998) ← 熊本
#21 長谷川 暢(PG/174cm/1996) ← 秋田
#34 遠藤 善(SG/182cm/1998) ← 新潟

自由交渉選手リスト
#1 トーマス・ケネディ(SF/PF/201cm/1987/帰枠)
#8 ブライアン・コンクリン(PF/198cm/1989)
#12 松本 礼太(SG/SF/187cm/1999)
#14 久岡 幸太郎(PG/180cm/1997)
#22 中村 ジャズ(PG/188cm/1997)
#32 ルーク・メイ(SF/PF/203cm/1997)

移籍
#17 山口 颯斗(SG/SF/195cm/1998) → 長崎

引退

未確認


宇都宮ブレックス(東1位)

シーズンを全体1位の勝率で終えた、ブレックスでしたが、チャンピオンシップのクォーターファイナルで敗れてしまいました

契約継続
#0 田臥 勇太(PG/173cm/1980)
#6 比江島 慎(SG/191cm/1990)
#7 小川 敦也(PG/190cm/2002)
#9 遠藤 祐亮(PG/SG/186cm/1989)
#10 竹内 公輔(PF/C/206cm/1985)
#12 高島 紳司(SG/191cm/2000)
#13 渡邉 裕規(PG/180cm/1988)
#14 村岸 航(SF/196cm/1997)
#18 鵤 誠司(PG/185cm/1994)
#25 D.J・ニュービル(PG/SG/193cm/1992)
#33 ギャビン・エドワーズ(PF/206cm/1988/帰枠)
#34 グラント・ジェレット(PF/208cm/1993)
#42 アイザック・フォトゥ(PF/203cm/1993)

新加入

自由交渉選手リスト
#4 四家 魁人(PG/175cm/2001)

移籍

未確認


群馬クレインサンダーズ(東4位)

B1昇格の年度より東地区7位から、5位、4位と着実に順位を伸ばしています。また、観客動員数も琉球、東京に次ぐ第3位とファン層も暑くなってきています。

契約継続
#1 コー・フリッピン(PG/SG/188cm/1996)
#3 マイケル・パーカー(PF/200cm/1981/帰枠)
#4 トレイ・ジョーンズ(SF/196cm/1990)
#8 八村 阿蓮(PF/198cm/1992)
#9 辻 直人(SG/185cm/1989)
#11 野本 健吾(SF/PF/201cm/1992)
#14 菅原 暉(PG/183cm/1998)
#25 ケーレブ・ターズースキー(C/213cm/1993)

新加入
#0 藤井 祐眞(PF/SG/178cm/1991) ← 川崎
#13 マシュー・アキノ(PF/205cm/1996) ← 信州
#29 細川 一輝(SG/187cm/1997) ← 三遠

自由交渉選手リスト
#16 並里 成(PG/172cm/1989)
#50 ベン・ベンティル(PF/206cm/1995)

移籍
#2 星野 曹樹(SF/195cm/1997) → 仙台
#12 木村 圭吾(SG/188cm/2000) → 福井

引退

未確認
#7 五十嵐 圭(PG/180cm/1980)


千葉ジェッツ(東3位)

EASL、天皇杯の2冠を取ったものの、ワイルドカード2位でなんとかチャンピオンシップに残ったシーズンでした。明らかにインサイド陣不足なシーズンでしたが、その点の補強が行われるかどうか。

契約継続
#2 富樫 勇樹(PG/167cm/1993)

#3 小川 麻斗(PG/176cm/2001)
#9 二上 耀(SG/190cm/1999)
#11 西村 文男(PG/177cm/1986)
#12 金近 廉(SF/196cm/2003)
#22 トビン・マーカス海舟(SF/198cm/2001)
#31 原 修太(SG/SF/187cm/1993)
#33 ジョン・ムーニー(PF/C/206cm/1998)
#34 クリストファー・スミス(SG/SF/193cm/1994)

新加入

自由交渉リスト
#13 大倉 颯太(PG/SG/185cm/1999)
#20 D.J. ステフィンズ(SF/PF/198cm/1990)
#25 荒尾 岳(PF/198cm/1987)
#50 アイラ・ブラウン(PF/C/193cm/1982)

移籍
#10 ゼイビア・クックス(SF/PF/203cm/1995) → 豪
#18 内尾 聡理(SG/184cm/2001) → F名古屋
#44 米山 ジャバ 偉生(SG/SF/190cm/2002) → 富山

引退

未確認
#00 関谷 間(PG/SG)


アルバルク東京(東2位)

良い選手を集めることには長けているものの、それが成績につながっていないように思えます。

契約継続
#1 岡本 飛竜(PG/170cm/1993)
#3 テーブス海(PG/188cm/1998)
#9 安藤 周人(SG/190cm/1994)
#10 ザック・バランスキー(SF/PF/193cm/1992)
#11 セバスチャン・サイズ(PF/C/205cm/1994)
#21 平岩 玄(C/200/1997)
#22 ライアン・ロシター(PF/C/206cm/1989)
#23 レオナルド・メインデル(SF/PF/201cm/1993)
#25 福澤 晃平(PG/SG/177cm/1993)
#75 小酒部 泰暉(SG/187cm/1998)

新加入

自由交渉選手リスト
橋本 竜馬(PG/178cm/1988)

移籍
#8 吉井 裕鷹(SF/196cm/1998) → 三遠

未確認
#77 アルトゥーラス・グダイティス(C/211cm/1993)

中地区

サンロッカーズ渋谷(中3位)

かなりの戦力補強をした年でしたが、結果がついてこなかったという印象です。

契約継続
#5 アンソニー・クレモンズ(PG/187cm/1994)
#8 ジョシュ・ホーキンソン(PF/C/208cm/1995)
#9 ベンドラメ・礼生(PG/183cm/1993)
#10 小島 元基(PG/181cm/1994)
#13 田中 大貴(SG/193cm/1991)
#43 永吉 佑也(PF/C/198cm/1991)
#92 村越 圭佑(SF/PF/195cm/1994)

新加入
#4 トロイ・マーフィーJr(SF/PF/195cm/2002) ← 富山
#7 船生 誠也(SF/195cm/1993) ← 広島
#13 阿部 諒(SG/183cm/1995) ← 仙台
#22 リード・トラヴィス(PF/C/203cm/1995) ← 北海道
#77 大森 康瑛(SF/194cm/2005)

自由交渉選手リスト
#4 ジェフ・ギブス(PF/C/188cm/1980)
#16 アキ・チェンバース(PF/191cm/1990)
#14 ジェームズ・マイケル・マカドゥ(PF/C/206cm/1993)
#34 ライアン・ケリー(SF/PF/211cm/1991)

移籍
#28 津屋 一球(SG/190cm/1998) → 三遠
#44 盛實 海翔(SG/186cm/1997) → 北海道

引退

未確認
#77 大森 康瑛(SF/194cm/2005)


川崎ブレイブサンダース(中4位)

日本バスケに多大なる貢献をしてくれたニック・ファジーカスが引退となりました。チームを刷新する時がきたような気がします。

契約継続
#7 篠山 竜青(PG/178cm/1988)
#12 野崎 零也(SG/185cm/1995)
#18 鎌田 裕也(PF/197cm/1990)
#25 ロスコ・アレン(SF/PF/208cm/1993)
#33 長谷川 技(SF/190cm/1989)
#37 飯田 遼(SG/185cm/1995)
#42 益子 拓(SG/186cm/2000)

新加入

自由交渉選手リスト
#20 トーマス・ウィンブッシュ(SF/201cm/1993)
#ジョーダン・ヒース(PF/C/208cm/1991)

移籍
#0 藤井 祐眞(PF/SG/178cm/1991) → 群馬
#11 増田 啓介(SF/194cm/1998) → 静岡
#21 納見 悠仁(PG/SG/182cm/1997) → 島根

引退
#22 ニック・ファジーカス(C/207cm/1985/帰枠)

未確認


横浜ビー・コルセアーズ(中6位)

河村の獲得により、人気上昇中のチームであるが、まだまだ実力は物足りない。

契約継続
#5 河村 勇輝(PG/172cm/2001)
#9 杉浦 佑成(SG/SF/196cm/1995)
#14 大庭 岳輝(SG/184cm/1997)
#18 森井 健太(PG/178cm/1995)
#23 キング開(PG/SG/185cm/2000)
#24 松崎 裕樹(SG/SF/192cm/2000)
#30 須藤 昴矢(SG/186cm/1997)

新加入
#1 ナナー・ダニエル弾(PF/199cm/1997) ← 北海道
#15 キーファー・ラベナ(PG/SG/183cm/1993/ア枠) ← 滋賀

自由交渉選手リスト
#1 ジェロード・ユトフ(PF/206cm/1993)
#2 田中 力(PG/186cm/2002)
#12 西野 曜(SF/198cm/1998)
#15 デビン・オリバー(SF/PF/203cm/1992)
#40 ジョシュ・スコット(PF/C/210cm/1993)

移籍
#11 カイ・ソット(C/220cm/2002/ア枠) → 広島(戻)

引退

未確認


富山グラウジーズ(中8位)

今まで首の皮1枚で繋いできましたが、ついにB2に降格してしまいました。

契約継続
#3 野崎 由之(SG/183cm/2000)
#10 喜志永 修斗(PG/181cm/2000)
#20 上田 隼輔(SF/188cm/1999)

新加入
#44 米山ジャバ偉生(SG/SF/190cm/2002) ← 千葉

自由交渉選手リスト
#0 小野 龍猛(SF/197cm/1988)
#15 エージェー・エドゥ(PF/C/208cm/2000/ア枠)
#16 伊藤 駿(PG/174cm/1990)
#19 ジョナサン・ウィリアムズ(PF/C/206cm/1995)
#22 マイルズ・ヘソン(SF/PF/198cm/1990)
#33 クインシー・ミラー(SF/PF/208cm/1992)
#71 東 宏輝(SG/184cm/1995)

移籍
#4 トロイ・マーフィーJr(SF/PF/195cm/2002) → 渋谷

引退

未確認
#5 ブライス・ジョンソン(PF/208cm/1994)
#9 水戸 健史(SG/185cm/1985)
#11 宇都 直輝(PG/191cm/1991)
#24 高橋 耕陽(SG/SF/192cm/1994)
#33 晴山 ケビン(SF/191cm/1993)
#34 ジョシュア・スミス(C/208cm/1992)


信州ブレイブウォーリアーズ(中7位)

富山に続き、中地区から2つ目のB2に転落しました。中地区のレベルが他の地区と比較して低かったのかもしれませんね。

契約継続
#1 タッカー・ヘイモンド(SG/SF/195cm/1994)
#3 エリエット・ドンリー(SF/PF/198cm/1996)
#4 小玉 大智(PF/185cm/2000)
#11 石川 海斗(PG/170cm/1990)
#12 栗原 ルイス(SG/188cm/1996)

新加入

自由交渉選手リスト
#25 ジャスティン・マッツ(SF/PF/201cm/1999)
#26 アンガス・ブラント(C/208cm/1989)

移籍
#5 山本 楓己(PG/177cm/1998) → 神戸
#13 マシュー・アキノ(F/205cm/1996) → 群馬
#14 星野 京介(SG/184cm/1999) → 北海道
#30 サイモン 拓海(SG/190cm/2000) → 静岡

引退

未確認
#0 ロン・ジェイ・アバリエントス(PG/181cm/1999)
#31 三ツ井 利也(SF/190cm/1994)
#46 生原 秀将(PG/182cm/1994)
#50 ウェイン・マーシャル(C/211cm/1986)


三遠ネオフェニックス(中1位)

大野HCになって2年目にして、地区優勝を果たしました。千葉ジェッツ時代に引き続いて、結果を残す大野さん、すごいですね。

契約継続
#1 ヤンテ・メイテン(PF/201cm/1996)
#5 大浦 颯太(PG/182cm/1997)
#8 太田 敦也(C/206cm/1984)
#11 森口 弥(PG/177cm/1999)
#15 兪 龍海(SG/SF/198cm/2001)
#23 デイビッド・ダジンスキー(PF/C/205cm/1992)
#24 佐々木 隆成(PG/SG/180cm/1996)
#32 山内 盛久(PG/175cm/1990)

新加入
#8 吉井 裕鷹(SF/196cm/1998) ← 東京
#14 湧川 隼人(PG/194cm/2004) ← 滋賀
#28 津屋 一球(SG/190cm/1998) ← 渋谷

自由交渉選手リスト
#0 サーディ・ラベナ(SG/189cm/1996/ア枠)
#4 コティ・クラーク(PF/201cm/1992)
#14 金丸 晃輔(SF/192cm/1989)

移籍
#29 細川 一輝(SG/187cm/1997) → 群馬

引退

未確認
#15 兪 龍海(SF/197cm/2001)


シーホース三河(中2位)

常に上位には付けていますが、なかなかタイトルに結びつかないのが三河です。

契約継続
#0 ザック・オーガスト(208cm/1993)
#7 長野 誠史(PG/175cm/1995)
#10 ジェイク・レイマン(SF/PF/206cm/1994)
#11 久保田 義章(PG/175cm/1997)
#16 西田 公陽(SG/184cm/2001)
#18 角野 亮伍(SF/192cm/1996)
#19 西田 優大(SG/190cm/1999)
#27 石井 講祐(SG/182cm/1987)
#32 シェーファーアヴィ幸樹(PF/C/206cm/1998)
#54 ダバンテ・ガードナー(PF/C/203cm/1991)

新加入
#11 須田 侑太郎(SG/SF/190cm/1992) ← D名古屋

自由交渉選手リスト
#1 中村太地(PG/190cm/1997)
#3 柏木 真介(PG/183cm/1981)
#5 ニモ 正義(SF/198cm/2005)
#21 橋本 晃佑(PF/203cm/1993)

移籍

未確認
#43 イ・デソン(SG/SF/193cm/1990)


ファイティングイーグルス名古屋(中5位)

B1昇格1年目の成績としてはまずまずよかったのではないでしょうか。2年目どうなるか、真価が問われる年になりそうですね。

契約継続
#8 佐土原 遼(SF/PF/192cm/1999)
#10 杉本 天昇(SG/186cm/1998)
#11 アーロン・ヘンリー(SF/198cm/1999)
#13 中村 浩陸(PG/SG/177cm/1997)
#21 笹山 貴哉(PG/180cm/1993)
#54 ショーン・オマラ(C/208cm/1995)

新加入
#17 神田 壮一郎(SG/SF/190cm/2001)
#18 内尾 聡理(SG/184cm/2001) ← 千葉

自由交渉選手リスト
#18 相馬 卓弥(SG/182cm/1991)
#22 ジェレミー・ジョーンズ(SF/201cm/1996)

移籍
#3 エヴァンス・ルーク(PF/203cm/1991/帰枠)
#6 根來 新之助(SF/195cm/1987) → 香川
#15 川嶋 勇人(SG/186cm/1990) → 京都
#24 鍵冨 太雅(SG/195cm/1999) → 青森

引退

未確認

#16 満尾 竜次(SG/SF/192cm/2001)

西地区

名古屋ダイヤモンドドルフィンズ(西1位)

今年も地区優勝を果たし、チャンピオンシップへ2年連続出場しました。

契約継続
#2 斎藤 拓実(PG/172cm/1995)
#6 菊池 真人(PF/191cm/1989)
#8 張本 天傑(SF/PF/198cm/1992)
#12 中東 泰斗(SG/191cm/1992)
#14 佐藤 卓磨(SG/SF/197cm/1995)
#18 中務 敏宏(SG/SF/188cm/1986)
#43 スコット・エサトン(PF/C/206cm/1991)
#60 坂本 聖芽(PG/SG/182cm/1999)

新加入
#3 加藤 嵩都(PG/178cm/2000) ← 福島

自由交渉選手リスト
#0 ロバート・フランクス(SF/PF/201cm/1996)
#1 レイ・パークスジュニア(SG/193cm/1993)
#3 伊藤 達哉(PG/173cm/1994)
#10 ティム・ソアレス(C/211cm/1997)
#34 ジョシュア・スミス(C/210/1992)

移籍
#11 須田 侑太郎(SG/SF/190cm/1992) → 三河

未確認
#7 今西 優斗(PG/178cm/2006)
#17 若野 瑛太(SF/185cm/2007)


京都ハンナリーズ(西8位)

マブンガが抜けてから、なかなかチームの立て直しができていない模様です。

契約継続
#3 水野 幹太(PG/184cm/1998)
#5 小西 聖也(PG/SG/184cm/1999)
#10 チャールズ・ジャクション(C/208cm/1993)
#11 前田 悟(SG/192cm/1997)
#24 ラシード・ファラーズ(SF/PF/202cm/1997)
#34 渋田 怜音(PG/176cm/1998)
#77 岡田 侑大(PG/SG/189cm/1998)

新加入
#15 川嶋 勇人(SG/186cm/1990) ← F名古屋
#32 アンジェロ・カロイアロ(PF/203cm/1989) ← 大阪
#51 古川 孝敏(SG/SF/190cm/1987) ← 秋田

自由交渉選手リスト
#7 マシュー・ライト(PG/SG/193cm/1991/ア枠)
#15 鈴木 悠介(PF/200cm/1997)
#13 青木 龍史(SG/180cm/1998)
#21 ケビン・ジョンズ(PF/203cm/1989)
#31 シェック・ディアロ(PF/C/206cm/1996)

移籍
#23 半澤 凌太(SF/192cm/2000) → 仙台

引退

未確認


大阪エヴェッサ(西7位)

まだ低迷期が続いているようです。今年は脱却できるか。

契約継続
#3 高木 拓海(PG/174cm/2001)
#14 橋本 拓哉(SG/188cm/1994)
#15 竹内 譲次(PF/C/207cm/1985)
#20 合田 怜(SG/184cm/1993)
#22 飯尾 文哉(SG/187cm/2000)
#31 木下 誠(SG/185cm/1997)
#35 鈴木 達也(PG/169cm/1991)

新加入
#77 土屋 アリスター時生(PF/201cm/1995) ← 秋田

自由交渉選手リスト
#7 西川 貴之(SF/196cm/1992)
#11 イ・ヒョンジュン(SG/SF/201cm/2000/ア枠)
#21 ショーン・ロング(PF/C/208cm/1993)
#34 イアン・ハマー(PF/C/201cm/1990)

移籍
#8 多嶋 朝飛(PG/173cm/1988) → 仙台
#32 アンジェロ・カロイアロ(PF/203cm/1989) → 京都

未確認


島根スサノオマジック(西4位)

昨年は、チャンピオンシップに出場しましたが、今年は地区4位と低迷しました。

契約継続
#3 安藤 誓哉(PG/181cm/1992)
#4 ニック・ケイ(PF/C/206cm/1992)
#6 北川 弘(PG/183cm/1991)
#13 津山 尚大(PG/SG/180cm/1996)
#15 白濱 僚祐(SG/SF/189cm/1991)
#20 ワイリー 光希スカイ(SG/190cm/1999)
#32 晴山 ケビン(SF/191cm/1993)

新加入
#21 納見 悠仁(PG/SG/182cm/1997) ← 川崎

自由交渉選手リスト
#10 大橋 大空(PG/165cm/1999)
#12 ハッサン・マーティン(PF/C/203cm/1995)
#28 ウィリアム・ニカ(C/203cm/1987/帰枠)
#55 谷口 大智(PF/C/201cm/1990)

移籍

未確認
#2 ぺリン・ビュフォード(SF/198cm/1994)


広島ドラゴンフライズ(西3位)

B2からの昇格チーム史上初のチャンピオンシップ優勝!
素晴らしい!の一言に尽きます。

契約継続
#0 寺嶋 良(PG/179cm/1997)
#4 青木 保憲(PG/182cm/1995)
#8 ケリー・ブラックシアーJr.(PF/C/208cm/1997)
#10 上澤 俊喜(PG/176cm/1998)
#12 中村 拓人(PG/184cm/2001)
#13 ドウェイン・エバンス(SF/PF/201cm/1992)
#15 河田チリジ(C/208cm/1989/帰枠)
#17 武内 理貴(SG/181cm/2002)
#24 ニック・メイヨ(PF/206cm/1997)
#30 山崎 稜(SG/183cm/1992)
#34 三谷 桂司朗(SF/191cm/2001)

新加入
#21 渡部 琉(SF/193cm/2000) ← 仙台
横地 聖真(SF/192cm/2002) ※BCLのみ
市川 真人(PF/C/206cm/2001)

自由交渉選手リスト

移籍
#5 アイザイア・マーフィ(PG/SG/196cm/1998)
#7 船生 誠也(SF/195cm/1993) → 渋谷

未確認

引退
#2 朝山 正悟(SG/SF/192cm/1981) → HC


琉球ゴールデンキングス(西2位)

昨年度、優勝、今年度、準優勝と強豪チームに定着してきました。熱狂的なファンに支えられているという印象。

契約継続
#4 ヴィック・ロー(PF/SF/201cm/1995)
#8 植松 義也(SF/PF/190cm/1998)
#10 荒川 颯(PG/SG/182cm/1997)
#14 岸本 隆一(PG/SG/176cm/1990)
#15 松脇 圭志(SG/185cm/1997)
#34 小野寺 祥太(PG/SG/183cm/1994)
#45 ジャック・クーリー(C/206cm/1991)
#53 アレックス・カーク(C/211cm/1991)

新加入

自由交渉選手リスト
#7 アレン・ダーラム(PF/C/198cm/1988)
#9 渡邉 飛勇(PF/207cm/1998)
#24 田代 直希(SF/188cm/1993)
#30 今村 桂太(SG/SF/191cm/1996)
#88 牧 隼利(SG/188cm/1997)

移籍

引退

未確認
#18 脇 真大(SG/193cm/2002)

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on google
Google
Share on email
Email
Share on print
Print

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です