【バスケ】オールジャパン(天皇・皇后杯)2017の優勝チームを予想してみる 3回戦〜決勝

[公開日]
[更新日] 2017/01/09

あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

いよいよオールジャパンが始まってすでに3日目ですが、なかなか予想が難しいですね。

今までの的中率は以下の通り微妙です。

男子1,2回戦:75.0%(12/16)

女子1,2回戦:50.0%(8/16)

ちなみに1回戦、2回戦の模様は下記記事をご覧ください。

【バスケ】オールジャパン(天皇・皇后杯)2017の優勝チームを予想してみる 出場チームと組み合わせ

オールジャパン2017の結果

男子:

優勝:千葉ジェッツ

準優勝:川崎ブレイブサンダース

3位:アルバルク東京、シーホース三河

女子:

優勝:JX-ENEOSサンフラワーズ

準優勝:富士通レッドウェーブ

3位:トヨタ自動車アンテロープス、シャンソンVマジック

優勝予想と結果

ひできちの優勝予想と結果は以下の通りです。

男子:

❌優勝:川崎ブレイブサンダース
 →準優勝

❌準優勝:栃木ブレックス
 →ベスト8

3位:⭕️アルバルク東京、⭕️シーホース三河

女子:

⭕️優勝:JX-ENEOS

⭕️準優勝:富士通

3位:⭕️シャンソン、❌デンソー

やはり、Bリーグ、Wリーグが上位を独占すると思われます。特に女子のJX-ENEOSの優勝は堅いと思われます。一方の男子は、上位にあげている4チーム以外にもダークホース的に千葉ジェッツが絡んでくる可能性はあるかなと思い、優勝予想は困難な状況となっています。

男子決勝1/9(月)

川崎サンダース 66-88 千葉ジェッツ
 ❌予想:川崎サンダース

予想

ここまできたら千葉ジェッツに優勝してもらいたいですが、当初の予想を曲げるわけにもいかないので、川崎優勝予想としています。準決勝で富樫選手が足の状態を気にしてベンチにいる時間が多かったので、本日の試合で状態がどうかというのが気になります。

結果

千葉ジェッツが見事初優勝を飾りました。ディフェンスがかなり効いていたと思います。特に、辻選手(3得点)、ファジーカス選手(それでも27得点)にいつも通りのプレイをさせないことで、川崎ブレイブサンダースの流れを完全に消していました。

 

女子決勝1/8(日)

JX-ENEOS(W1) 91-67 富士通(W2)
⭕️予想:JX-ENEOS

予想

JX-ENEOSは強すぎますね。富士通の監督も決勝の意気込みを聞かれて「何があるか分からないのでチャレンジしていきたいです」と言ってしまうくらいですから。チームとしても今シーズン無傷の22戦全勝となっており、対抗できる相手がいない状態となっています。

ひできちとしては、富士通を応援していますが、予想としてはJX-ENEOSで堅いのかなと。

結果

やはり、JXの危なげない勝利でした。間宮選手がインタビューで言っていた通り横綱相撲でした。これだけ1強だとWリーグはこれでいいんでしょうかね、と思ってしまいますが。

男子準決勝 1/8(日)

川崎サンダース(B1) 78-71 アルバルク東京(B4)
⭕️予想:川崎サンダース

シーホース三河(B3) 75-81 千葉ジェッツ(B7)
⭕️予想:千葉ジェッツ

予想

栃木ブレックスを倒した千葉ジェッツは強いと思います。この試合に関してはオールジャパンの出場を決めた時のBリーグの順位はあまり当てにならないと思います。また、今シーズン両者の対戦はまだありませんので、どうなるか楽しみです。

結果

2戦ともに予想通りとなりました。アルバルク東京のギレンウォーターが退場後は、川崎のファジーカス選手の独壇場となり、一気に試合を決めました。千葉ジェッツは富樫選手のドリブルワークに三河が翻弄されているという感じで、三河の良さを出せずに終わったという感じでした。

女子準決勝 1/7(土)

JX-ENEOS(W1) 72-52 トヨタ自動車(W5)
⭕️予想:JX-ENEOS

シャンソン(W3) 57-64 富士通(W2)
⭕️予想:富士通

予想

シャンソンvs.富士通は面白い試合になりそうです。個人的には富士通に勝ってもらいたいという思いで、予想しています。過去の対戦は、富士通の2戦全勝ですが2戦ともに3点差という僅差ですので、どちらが勝ってもおかしくないと思います。

感想

予想通りの勝ち上がりとなりました。シャンソンvs.富士通は、3Qまでは1点差の接戦でしたが、4Q頭にスタートダッシュに成功した富士通がそのまま勝利となりました。

男子準々決勝 1/6(金)

川崎サンダース(B1) 91-65サンロッカーズ渋谷(B8)
⭕️予想:川崎サンダース

シーホース三河(B3) 92-61 名古屋ドルフィンズ(B6)
⭕️予想:シーホース三河

千葉ジェッツ(B7) 81-62 栃木ブレックス(B2)
❌予想:栃木ブレックス

仙台89ERS(B12) 73-84 アルバルク東京(B4)
⭕️予想:アルバルク東京

予想

すべて順位どおりの予想としています。が、千葉ジェッツに関しては、栃木ブレックスとの対戦成績は1勝2敗、しかも3戦目に勝利してますので、どうなるか分からないと思われます。

また、シーホース三河と名古屋ドルフィンズの今シーズンの対戦成績は、1勝3敗と三河が負け越していますので、ここも順位通りに行かない可能性が十分にあると思われます。

感想

千葉ジェッツに関しては、前述の通りダークホース的な存在だと思っていたので、予想は外しましたが、それほど驚いてはいません。チームとしても13連勝を達成するなど波に乗っているだけに勢いがあります。また、新メンバー中心のチームですので試合を重ねるごとに成長し、かなり完成されてきています。

女子準々決勝 1/6(金)

JX-ENEOS(W1) 91-58 アイシンAW(W8)
⭕️予想:JX-ENEOS

シャンソン(W3) 83-58 トヨタ紡織(W6)
⭕️予想:シャンソン

トヨタ自動車(W5) 73-53 日立ハイテク(W10)
⭕️予想:トヨタ自動車

三菱電機(W7) 65-80 富士通(W2)
⭕️予想:富士通

予想

すべてWリーグのチームとなりました。無難に順位通りの勝敗を予想しています。が、なぜか富士通は今シーズン三菱電機に2戦全敗していますので、ここで波乱が起こる可能性があります。不思議なものですね。相性というものがあるんでしょうかね。

感想

全て順当な勝ち上がりだと思います。富士通は、苦手意識を克服し、三菱電機に勝利しました。 

男子3回戦 1/5(木)

川崎ブレイブ(B1) 114-67 福岡第一(IH)
⭕️予想:川崎ブレイブ

大阪エヴェッサ(B9) 75-78 サンロッカーズ渋谷(B8)
⭕️予想:サンロッカーズ渋谷

シーホース三河(B3) 127-78 東海大学(大2)
⭕️予想:シーホース三河

千葉ジェッツ(B7) 92-65 新潟アルビ(B10)
⭕️予想:千葉ジェッツ

四国電力(四国)  66- 99 栃木ブレックス(B2)
⭕️予想:栃木ブレックス

京都ハンナリーズ(B11)  74-87 名古屋ドルフィンズ(B6)
⭕️予想:名古屋ドルフィンズ

筑波大学(大1) 74-86 アルバルク東京(B4)
⭕️予想:アルバルク東京

三遠ネオフェニックス(B5)  68-83 仙台89ERS(B12)
❌予想:三遠ネオフェニックス

予想

ここまでBリーグ以外のチームが4チーム残っていますが、すべてBリーグの上位チームとの対戦となりますので勝ち上がるのは難しいものと思われます。Bリーグ同士の対戦は、無難に順位により決めました。

結果

負けはしましたがアルバルク東京に12点差だった筑波大学は、大健闘と言ってもいいでしょう。特に杉浦選手は28得点と、今すぐにでもBリーグで通用しそうな感じです。まだ3年生ですので、これからどのように成長するかが楽しみです。

女子3回戦 1/4(水)

JX-ENEOS(W1) 89-54 岐阜女子高(東海)
⭕️予想:JX-ENEOS

筑波大(大7) 62-90 アイシンAW(W8)
⭕️予想:アイシンAW

トヨタ自動車(W5) 87-62 大阪人間科学(大3)
⭕️予想:トヨタ自動車

日立ハイテク(W10) 61-57 デンソーアイリス(W4)
❌予想:デンソーアイリス

シャンソンV(W3) 93-62 新潟アルビ(W11)
⭕️予想:シャンソンV

山形銀行(山形) 42-84 トヨタ防織(W6)
⭕️予想:トヨタ防織

東京医療保健(大2) 52-75 三菱電機(W7)
⭕️予想:三菱電機

愛知学泉大(大5) 51-82 富士通(W2)
⭕️予想:富士通

予想

おそらく、ほぼWリーグしか残らないと思われます。岐阜女子は勝つのは難しいと思いますが、どこまでやれるのかが見ものですね。愛知学泉大は、大学1位の白鷗を倒して上がってきてますのでかなり勢いに乗っていると思いますが、相手がWリーグ2位の富士通となるとさすがに難しいでしょうね。

感想

試合見ていないのであれですが、この点差なら岐阜女子は大健闘だと思います。

総括

ひできちの予想結果は、以下の通りです。

  男子 女子
1回戦 62.5%(5/8) 50.0%(4/8)
2回戦 87.5%(7/8) 50.0%(4/8)
3回戦 87.5%(7/8) 87.5%(7/8)
準々決勝 75.0%(3/4) 100%(4/4) 
準決勝 100%(2/2) 100%(2/2)
決勝 0%(0/1) 100%(1/1)
77.4%(24/31) 71.0%(22/31)
  総計 72.6%(46/62)

Wリーグと女子の大学チームを甘くみすぎていたのが原因で、女子の1,2回戦は散々な結果でしたが、その後持ち直してなんとか72.6%の的中率を確保しました。

ダークホースと見ていた千葉ジェッツの快進撃によって、ひできちの予想も随分とかき回されてしまいましたが、素直に千葉ジェッツの優勝は嬉しかったです。

本当におめでとうございました!

最後までおつき合いいただき、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

“【バスケ】オールジャパン(天皇・皇后杯)2017の優勝チームを予想してみる 3回戦〜決勝” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。