NBA 2K19 マイキャリア日記 ~男はつらいよ コッティ編 Vol.2~

[公開日]
[更新日] 2018/11/23

こんにちは!

ひできちは現在、先月発売された任天堂スイッチのバスケゲーム「NBA 2K19」にハマりまくってます。

ということで、NBA 2K19のマイキャリアモードのコッティ編の第2弾いってみたいと思います。

前回はマイアミ・ヒートのホワイトサイドにボコられ、アンテトクンポに冷たくあしらわれましたが、その後の様子について紹介したいと思います。

Vol.1はこちらです。

まずは、こちらをご覧ください。

こちらは、球団から与えられたコッティの部屋です。

すごいですね。NBA選手ともなるとほんと豪華な部屋が与えられるんですね。

しかも実は自分専用のバスケットボールコートも部屋の中にあります。

「部屋の中にあります?!」

思わず2回繰り返しましたが、部屋の中にしかもハーフではなくフルコートあるんです。

実際のNBA選手も部屋の中にコートがあったりするんでしょうか?

日本人では想像もつかないほど、スケールが違いますね。

で、向かいに座っているのがシャキール・オニール、そうあのシャックです。

なんでコッティの部屋にシャックが来ているのかは不明です。

というか、部屋に戻ってみたら、ソファーの陰に隠れてました(←本当です)。

つまりは不法侵入なのですが、よくわからない言い訳でごまかされてしまいます。

んで、そのうち

と、勝手にマイコートで練習し始める始末です。

さてさて前置きが長くなりましたが、今回の対戦相手は、

クリーブランド・キャバリアーズ

知ったかぶりをすると

キャブス

ってやつですね。

誰がいるのかもちろんよくわかりませんが笑

この人が、注目選手のようです。コリン・セクストン?って読むのでしょうか。

スタッツを見る限り、ガードっぽいので自分には関係ないんでしょう(笑)。

試合前のロッカールームの様子です。

とにかく、どこにいてもわかるほど目立つ頭です。

アンソニー・デイビスは奥の方にいますが、チームの中のポジションとこの位置とか関係あるんですかね。

スター選手になるほど、奥の方に行けるとか。

んでもって、ミドルシュートとか絶対に打たないコッティは、シュート練習をすっ飛ばして、早速試合です。

相手は、13勝28敗。

昔と変わらず弱いですね。

今日も楽勝楽勝。

もちろんコッティは今日もスタート、

あれ?

名前が???

???

名前がない!!!

センターの#99がいるので間違いなくスタメンなのですが、名前が空白。

どうなってるの?

まあ、気にせず試合を進めていきましょう。

コッティは、バリバリのセンターなのでジャンプボール担当です。

ちなみにジャンプボールに勝つと結構チームの評価が上がります。

何気なくやってそうなジャンプボールですが、実は重視されている?

とにかく、センターの役得ですな。

で、結果は、

このハイライトシーンでわかる通り、

完敗

です。。。。

完全になめてました。

自分の評価はA-とそんなに悪くはなかったのですが。

ファンも10,304人増えました!

ファンは大事ですよ。

前回も言いましたが、このゲームはお金が全てなんです。

ファンが増えるとスポンサーも増えていきます。

スポンサーが増えると給料以外の収入が増えます。

なんだか、ファンがお金に見えてきますね笑

ということで、今回はキャブスに完敗でしたが、ファンがたくさん増えたので、

まあ、よしとしましょう。

■本日の試合結果(vs.キャブス)

33分/17得点/8リバウンド/2ブロック

獲得ファン:10,304人

ランク:67

1試合平均:

25.4分(⬆︎1.9)/4.8得点(⬆︎1.4)/7.1リバウンド(⬆︎1.2)/1.7アシスト(⬆︎0.1)/0.8ブロック(⬆︎0.3)/0.2スティール(-)

カッコ内は、前回投稿比です。

順調に上がってますな。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Print this page
Print
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。