【バスケ】グラジオラスの轍 吉田選手 町田選手 大神選手

[公開日]
[更新日] 2016/08/17

フジテレビのドキュメンタリー番組「グラジオラスの轍(わだち)」にて、日本女子バスケが取り上げられていましたので紹介いたします。

内容は、日本を代表する3人の司令塔(ポイントガード)である吉田選手、町田選手、大神選手に焦点を当てたものとなっていました。

現在の女子日本代表のポイントガード吉田選手(JX-ENEOS所属)、同じく女子日本代表であり吉田選手の控え的存在ですが、次世代を担うことを期待されている町田選手(富士通所属)、これまでポイントガードとして日本代表を支えてきたが今回は日本代表を逃してしまった大神選手(トヨタ所属)の3選手の現状を比較する形で紹介されていました。

本番組は、日本代表のポイントガードの世代交代をテーマにした構成になっており、

町田選手=未来

吉田選手=現在

大神選手=過去

といった印象を受けました。個人的には、大神選手は今回も日本代表選手に選ばれると思っていたので、本番組を見て厳しい現実にさらされていることを知って、ショックでした。

ただ、前向きにトレーニングに励む姿を見て、何とかまた日本代表に復帰してほしいと心から思いました。

吉田 亜佐美選手

1985年生まれ、東京成徳高校出身。

高校時代には、3年生時に主将として臨み3冠こそ逃したものの、インターハイ、国体の2冠を達成しています。

今回調べるまで知らなかったのですが、中村学園女子の中山明日美さん、と同年代で、中学、高校とライバル対決していたみたいですね。

ちなみに中学時代は、中山明日美さんが所属していた児玉中(その後、全国優勝)に関東大会で敗れ、3年次のウィンターカップでも中村学園女子(その後、全国優勝)に準決勝で敗れているようです。

#その当時の中村学園女子が好きで見てましたが、吉田選手の存在に気がついてませんでした。。。そんな人は自分くらいでしょうw。早速、家でビデオ見返してみます。

話を戻すと、高校3年生で日本代表に選ばれ、今や女子日本代表のキャプテンであり、ポイントガードとしてチームの中心的存在です。

アジアNo.1のポイントガードとも言われているようです。

番組の中では、2014年に左ヒザ前十字じん帯断裂後、長時間のプレータイムに耐えられなくなってきていることや代表キャプテンとしての苦悩について語られていました。

先日見たニュース番組の中では、もっと積極的に点を取りにいき、自分が敵のマークをひきつけることで周りを生かすプレーをしていきたいという意気込みを語っていました。

町田 瑠唯選手

1993年生まれ、札幌山の手高校出身。

高校時代は、3年次に主将として3冠を達成しています。

日本代表に選ばれたのは、2014年からでまだまだフレッシュな感じです。

番組の中では、富士通入団3年目にしてキャプテンに選ばれた町田選手のキャプテンシーについて取り上げられていました。

高校生時代にもキャプテンを経験しているものの、自分よりも年齢が上の選手が沢山いる中ではやはり勝手が違うのでしょうか。なかなかリーダシップを取れないことに対する苦悩が描かれていました。

見た目どおり、優しい性格のようですね。おばあちゃんが大好きということで、おばあちゃんとの手紙のやり取りについても取り上げられていました。

他の二人が猛々しく描かれているのとは対照的で、いかにもいまどきの女子という感じがしたのは、番組のつくりが意図的だったのでしょうかw

私が見た日本代表の試合では、吉田選手のプレータイムを補う存在として、活躍していましたので次期日本代表のポイントガードとして期待されている選手であると感じました。

非常にスピードが速くその点では吉田選手に引けをとらないのではないかと思います。

間違いなく、今後注目の選手です。



スポンサーリンク


大神雄子選手

1982年生まれ、名古屋短大付属高校(現、桜花学園)出身。

高校2年次に、3冠を達成し、3年間で計7つの全国優勝を成し遂げています。

能代時代の田臥に迫る勢いですね。ここまで3人の経歴を見てきましたが、やっぱり日本を代表する選手となるとチームを優勝に導く何かを持っているんでしょうね。

また、萩原美樹子に続く二人目となるWNBA選手となり、活躍したことは有名です。現役選手のレジェンドといっても過言ではないでしょう。

ただ、番組中の大神選手の紹介コーナーを見ていると、悲壮感が漂うというか、アリスのチャンピオンが流れてきそうな雰囲気でした。

JX時代に、大神選手が正ポイントガードとして君臨していた頃、吉田選手は若手選手として、その傍らで一緒にプレーしていましたが、吉田選手の成長とともにポイントガードとしての座を奪われてしまいます。

その後、中国リーグに移籍しチームを一位に導くも、中国リーグが外国人枠を撤廃したため契約できず、さらに時期も悪く日本のリーグへの復帰もできず無所属となりました。

どうやら、このことがきっかけで日本代表にも選出されなかったようですね。

現在は、トヨタに加入しWリーグ復帰していますが、やはり年齢からくる体力、気力の衰えが伝わってくるようなそんな感じでしたので、代表落ちも仕方ないのかなと寂しい気持ちになりました。

 

なかなか色々と考えさせられる内容でしたが、かなり内容の濃い良い番組だったと思います。各選手の今後に注目したいと思います。

大神選手もまだまだ現役で頑張ってほしいと思います。

そして、再放送を期待しています!

#まちがって、ビデオ消しちゃいました。。。

バスケ315!

 

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。

B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。

現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。