【HOR-NET】前に進めない国、日本

[公開日]

お疲れ様です。

ついに、北京五輪始まりましたね。

開会式、さいこーによかったですね。

構成がシンプルで、ビジュアルがきれいで、全体的に統一感がある

という印象でした。

統一感のあるテーマと広い会場で大きく見せるという工夫がされているのは、やはり映画監督の方に監修してもらったおかげなんでしょうね。

比べちゃいけないのかもしれませんが、

東京五輪は、

ごちゃごちゃ詰め込み過ぎて、統一感がなく、全体的に見せるというよりも部分部分にフォーカスが行って、ちまちました印象がありました。

有名人(といっても国内だけの知名度の)を起用するしないというのも影響しているのかもしれませんね。

北京五輪の方はほとんどそういう人を起用しなかったようです。

よくわかりませんが、日本だと色んなシガラミや利権が絡んで、色んな人に忖度して進めていく必要があった結果、ああいう風になったような印象を受けますね。

これって、日本の政策にも似たようなことが言える気がします。

コロナへの対応も含めてですが、色んなシガラミや利権が絡んでそうです。

んで、ごく少数派の意見を取り上げて、

聞く耳持ってますよ

多様性を尊重してますよ

みたいな。

でも、よくよく考えてみると、それって本当に全国民にとって良い施策なの?

みたいな。

でも、本当は全員が満足し批判が出ない施策なんかありえないということ。

みんなに平等というのはありえないということ。

イソップ寓話の「ろばを売りに行く親子」がよく引用されますよね。

ろばを売りに行く親子 – Wikipedia

それを踏まえたうえで、誰かがリーダーシップを取って責任をもって大局を見定めて引っ張っていかないといけないんだと思います。

そのためには少々の批判は、はねのけていくぐらいの求心力がほしいです。

多種多様な意見を取り入れて気を使っているうちに、結局前に進めずに世界において行かれている気がします。

色んなシガラミで前に進めない国、日本になってしまったのでしょうか。

と言っている自分も実は同じなのですが。

そのお話は、また次回にでも。

するかもしれませんし、忘れてるかもしれませんw

お問合せ先(hidekiti7@hotmail.com)

 【活動で使用するビブスの運用について】

・基本的にビブスは初回参加していただいたときに1人1枚、配布いたします。その後は、練習のときは必ず持参してもらう自己管理となります。

・ビブスを忘れた場合には、500円で貸し出します。

・借りたビブスは持ち帰って洗濯して、次回返していただければ500円を返金します。

【今後の予定】 
2/12(土)12:00-14:00@南八幡
2/20(日)9:00-11:00@信篤
2/27(日)10:00-12:00@南八幡


【体育館の場所】
南八幡:南八幡体育館
信篤 :信篤体育館
塩浜 :塩浜市民体育館
国府台:国府台市民体育館

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Print this page
Print

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。