【バスケ】男子日本代表の動向 PART2 Atlas Challenge

[公開日]

男子日本代表候補に動きがあったようですので、追加記事を書きたいと思います。

前回の記事では、第3次強化合宿のメンバーが発表されたところまでをご紹介いたしました。

その後、第3次強化合宿として、「2016 Atlas Challenge」なるものが6月14日から19日の間に中国・蘇州にて行われました。

Atlas Challengeは、8ヶ国の代表チームを以下のように2つのグループに分けて行われました。

ちなみにアメリカ代表は、アイダホ大学です。。。

まあ、そのくらいがちょうどいいんですかね。さすが、バスケ発祥の地です。

【グループA】日本(48)、中国(14)、ベラルーシ、ニュージーランド(21)

【グループB】アイダホ大学、リトアニア(3)、イラン(17)、マケドニア

※カッコ内は、FIBAランク

まず、予選ラウンドで、各グループの総当り戦を行い、各グループの上位2チーム計4チームで上位グループ、下位2チーム計4チームで下位グループを組みます。

その後、上位4チームで1位から4位を決め、下位4チームで5位から8位を決めます。

では、日本の成績を見ていきましょう。

予選ラウンド第1戦 日本 ○ 71-70 ● 中国

予選ラウンド第2戦 日本 ● 68-73 ○ ニュージーランド

予選ラウンド第3戦 日本 ● 78-85 ○  ベラルーシ

日本、中国、ベラルーシは、ともに1勝2敗で並びましたが、ゴールアベレージで、日本はグループ4位となりました。

5位ー8位順位決定戦は、以下の4チームで行われました。

ベラルーシ(グループA 3位)

日本(グループA 4位)

アイダホ大学(グループB 3位)

?????(グループB 4位)

結果は、

5位ー8位順位決定戦 日本 ● 64 – 74 ○ アイダホ大学

大学生にも負けるのか。うーん、という感じです。

7位決定戦 日本 ● 60-69 ○ ベラルーシ

予選ラウンドでは、オーバータイムまでいって負けたので、リベンジ戦となりましたが、結果は、やはり・・・でした。

ということで、総合順位は8位と最下位でした。。。

うーん、男子バスケの壁はまだまだ高いですね。

このAtlas Challengeを経て、7月4日より開催されるFIBA男子オリンピック世界最終予選のメンバーが以下のように決まりました。

#0  田臥 勇太
#3  辻 直人 (東芝川崎ブレイブサンダース)
#6  比江島 慎 (シーホース三河)
#8  太田 敦也 (三遠ネオフェニックス)
#10 竹内 公輔
#11 橋本 竜馬 (シーホース三河)
#12 渡邊 雄太 (ジョージ・ワシントン大学 2年)
#15 竹内 譲次
#16 松井 啓十郎 (アルバルク東京)
#25 古川 孝敏 (リンク栃木ブレックス)
#34 小野 龍猛 (千葉ジェッツ)
#42 広瀬 健太 (日立サンロッカーズ東京・渋谷)

残念ながら、推しメンだった篠山選手は外れてしまいました。。。ga,

ぜひともFIBA男子オリンピック世界最終予選頑張ってほしいです!

頑張れ!AKATSUKI FIVE!

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。