【バスケ】インターハイ2016の優勝校を予想してみるPART4(第3回戦の予想と結果)

[公開日]
[更新日] 2016/08/03

こんにちは!

連日、夏に相応しい熱戦が続いている高校バスケですが、いよいよ3日目に入りベスト16が出揃いました。男子は色々と波乱があり、この後も何か起きそうな予感がします。女子は順当な勝ち上がりで、強豪チームはそろって3桁得点を挙げるといった安定を見せていますが、こちらもいつ波乱が起きてもおかしくないのが全国大会です。

2回戦のひできちの予想は、87.5%と驚異的な的中率をたたき出しましたが、3回戦目の予想は言ったいどうなることでしょうか。不安しかありませんw

では、3回戦の組み合わせとちょっとあてになるかもしれないw、ひできち予想いってみましょう!

男子の組み合わせ(3回戦)

延岡学園(宮崎)👈 66-85 桐光学園(神奈川)
 桐光が福岡大濠を破った勢いを持続できるか注目の試合です。順当にいけば、延岡か。
 またも九州勢撃破。桐光の勢いはもう止められない?!

東山(京都)👈 85-59 八王子学園(東京)
 激戦必至の注目の試合です。2回戦目で3桁叩き出している東山がやはり上か。

山形南(山形) 79-60 👉東海大札幌(北海道)
 これも予測不能。北海道1位と東北2位の対戦。北海道1位の意地を見せるか。

浜松学院(静岡) 91-94 👉開志国際(新潟)
 新生強豪チームの開志国際の層の厚さが一枚上手か。

福島南(福島)👈 66-60 育英(兵庫)
 ここは、東北1位の第一シード校、福島南で堅いか。

正智深谷(埼玉) 71-79 👉北陸学園(石川)
 こちらも新生強豪チームでありながらシード校の北陸学園にBET。

市立船橋(千葉)👈70-69光泉(滋賀)
 またまたシード校であり、古豪の市立船橋にBET。

福岡第一(福岡)👈75-56 中部第一(愛知)
 激戦必至ですが、ひできち優勝予想は外せません。

スポンサーリンク

女子の組み合わせ(3回戦)

桜花学園(愛知)👈  83-59 八雲学園(東京)
 これも興味深い試合ですが、やはり桜花が一枚上手か。

明星学園(東京) 55-70 👉開志国際(新潟)
 激戦が予想されますが、3年目の集大成である開志国際を選びました。

聖カタリナ学園(愛媛) 67-80 👉岐阜女子(岐阜)
 これも激戦ですね。しびれます。ウィンターカップ覇者の意地を見せて欲しい。

いなべ総合(三重) 64-76 👉東京成徳大学(東京)
 順当にシード校である成徳が上がると予想。

小林(宮崎) 64-82 👉就実(岡山)
 もう頭がパンクしそうなくらい予測不能な試合が続きますが、U17の#11那須選手を擁する就実か?!

札幌山の手(北海道)👈 78-77 昭和学院(千葉)
 盾(昭和)と矛(札幌)の対決。リアルタイムに観戦したい!!!やっぱりバスケは得点とってなんぼということで、矛(札幌)を選択しました。
 すごい熱戦だったようですね。リアルタイムで見たかった!

広島皆実(広島)👈 54-84 福島西(福島)
 中国の覇者と東北の覇者の対決。開催地の広島が意地を見せると予想(もう分からん。。。w)。

大阪薫英女学院(大阪)👈 72-66 足羽(福井)
 強豪同士の一戦。ひできち一押しの山商を破った薫英を評価。

 

2016.8.1
正直、今回の女子は気になる試合が多すぎてしびれまくりです。明日会社休んでインハイTV観たいなぁ。でも休めない;;

最後までお付合いいただき、ありがとうございました。明日は注目試合目白押しの日です。楽しみですね。

2016.8.2
予想通り、激戦が多かったですね。特に、男子の開志国際(新潟)と浜松学園(静岡)、女子の札幌山の手(北海道)と昭和学院(新潟)の試合は、YouTubeで見直しました。どちらもしびれるくらい接戦で、うぁー、おぁーとか言いながら見てました。

そして、ひできち予想は今回も83.3%(15/18)と好調をキープしました。今回は本当自信がなかったのですが。。。まあ、まぐれあたりですね^^;

最後までお付合いいただきありがとうござました。
明日の準々決勝もよろしくお願いいたします!

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。

B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。

現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。