緊急事態宣言解除後の市の体育館の利用状況

[公開日]

みなさん、こんにちは

COVID-19の影響により2/27から市の施設が全面的に利用停止されていますが、5/27の緊急事態宣言解除により、少し状況が変わってきていますので、近況をお知らせいたします。

2/27より3ヶ月間、体育館が利用できずHOR-NETの活動も休止していましたが、6月以降再開の可能性が出てきています。

まず、市から出ている情報によれば、昨日、施設等の再開についての案内が更新されていました。

http://www.city.ichikawa.lg.jp/pla04/infoheisa.html

塩浜体育館や信篤体育館、国府台体育館などスポーツ施設については、6/8より再開とあります。

また、勤労福祉会館については、体育館のみ6/9から再開となっています。

そこで、HOR-NETのホームコートである勤労福祉会館に問い合わせてみました。

6/9は、確定ではないらしいです。

が、現在、6/9に再開できるように、活動の条件を検討中とのことです。

活動の条件とは?

具体的には、人数制限や検温しているかどうかなど、どのような条件であれば活動可能であるとするかということらしいです。

また、条件が決まり、再開の目処が立ったところで代表者に連絡をしますとのことでしたので、そのうち連絡が来るものと思います。

人数制限が条件になる場合、何人までできるのか。

バスケなので最低でも10人?

3:3で6人?

いずれにしても人数制限がある場合、どのように運用するのか?

難しい問題ですね。

また新しい情報が入り次第ご連絡いたします。

よろしくお願いします。

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Email this to someone
email
Print this page
Print
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。