【HOR-NET】いつもどおりのバスケな週末

[公開日]

みなさん、おつかれさまでした。

今回の練習は、18名(女性3名)の参加でした。2時間だったので、今回もアップは30分程度にしてゲーム中心でやりました。

信篤体育館の広さと若者の多さで、いつもよりも心なしか走る距離が長かった気がしてます。

それを象徴するようにその後は眠いダルいの午後でした。

前日の土曜日は、コタロウのミニバスの練習試合で浦安の明海小に1日入り浸ってました。そして日曜は、昼自分バスケ&夕方ミニバス教室(生徒3人ですが笑)と、まあ、バスケ漬けのそれほど珍しくない週末を過ごしました。

人にバスケを教えられるほどバスケを知らないので、何をやってどのように教えようかとか、その場のインスピレーションでやってたりするのですが、ほんと難しいですね。

バスケの基礎はおもんない練習ばっかなのですが、子どもたちはおもんない練習には集中できません。おもんない練習にどうやって集中させるかが教える人の技量の一つなんでしょうね。

ほんとうは、小学生ぐらいであれば怒鳴りつければ従うので、それが一番手っとり早いのでしょう。なのでミニバスにはそういうコーチが多いのが現状です。

自分はそんな気質ではないので、要所要所では厳しめの注意をしますが、基本は本人たちのやる気をどう引き出すかに重点をおいて、やらされ練習ではなくて自分で考えながら練習をするというスタイルでやってます。なので、この練習はどういう意味があるのかどうやればよいのかなど質問して考えさせる時間をとるようにしながらやってます。

でも、そうやっていくと自分のコーチングの知識とスキルが絶対的に不足しているということに気付かされ、強豪校ではどうやって教えてるのかなぁとか練習見学させてほしいなぁとか思ったりもします。

とりとめもない話になりましたが、人に教えるってホント難しいですね。

ビブスの運用については、常設にしますのでご一読ください。

【ビブスの運用について】

・基本的にビブスは1人1枚配っており、練習のときは必ず持参してもらう自己管理としています。

・ビブスを忘れた場合には、500円で貸し出します。

・ビブスを借りた人は持ち帰って洗濯して、次回返していただければ500円を返金します。

・基本的には、初めて来たときにビブスをあげることにしています(次回以降来ないことを明言された場合には回収しますが笑)。

ということですので、練習時にはなるべく忘れずに持ってきてください。

【今回の練習内容】

  • ランニングシュート/バックシュート/正面からのレイアップ
  • 3面からの3:2
  • 5:5のゲーム(3チームx3セット)
  • 合間にミニバスチームとの4:4

ちょっと先の話になりますが、交流戦に誘われましたので11/5(日)に開催予定です。別途、出欠の確認をしますのでよろしくお願い致します。

【今後の予定】 
※10月分アップしました
9/30(土)11-13 南八幡
10/7(土)14-16 南八幡
10/15(日)14-16 南八幡
10/22(日)12-15 南八幡

【体育館の場所】
南八幡:南八幡体育館
信篤 :信篤市民体育館
塩浜 :塩浜市民体育館
国府台:国府台市民体育館

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+
Email this to someone
email
Print this page
Print
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。