【バスケ】日本代表 ウィリアム・ジョーンズカップ2016

[公開日]
[更新日] 2016/11/09

こんにちは!

オリンピック最終予選に敗れ、リオ五輪出場を逃した男子バスケ日本代表ですが、すでに4年後の東京オリンピックを見据えて動き出しています。そして、チームを刷新し、かなり若返りを図っています。

その新チームが初めて挑む国際戦であるウィリアム・ジョーンズカップが、昨日より開催されていますので、ご紹介したいと思います。

ウィリアムジョーンズカップとは

ウィキペディアによれば、「ウィリアム・ジョーンズ」とは初代FIBAの事務総長の名前とのことです。そのジョーンズ氏が台湾にバスケを広めるために始めた大会であることから、 この名前が付けられたようです。

したがって、開催地は台湾・台北となり、1977年より毎年7月頃に行われているようです。

招待制の大会で、クラブチームを含むナショナルチームが8チーム前後集まり、総当たりで優勝を決めます。

過去の日本の戦績を見てみると男子は1986年、2002年、2010年に3位となっており、これが最高順位です。約10年に1回入賞しているという感じでしょうか。

女子は、準優勝が最高順位で昨年は日本代表の若手チーム、一昨年前はデンソーとクラブチームで参加しており、ともに準優勝でした。

日本代表チーム

どうやら今年度は、男子のみが出場するようです。女子はオリンピックに専念ということでしょうか。(2016.7.27 訂正)

大変失礼しました。女子メンバーも若い世代を中心とした代表チームを組んで出場することが、26日に発表されていました。

【男子チームのメンバー】

#2  富樫 勇樹 (千葉ジェッツ)
#5  満原 優樹 (サンロッカーズ渋谷)
#7  篠山 竜青 (川崎ブレイブサンダース)
#11 野本 建吾 (川崎ブレイブサンダース)
#20 西川 貴之 (レバンガ北海道)
#21 橋本 晃佑 (栃木ブレックス)
#22 藤井 祐眞 (川崎ブレイブサンダース)
#27 熊谷 尚也 (栃木ブレックス)
#32 狩野 祐介 (滋賀レイクスターズ)
#33 遠藤 祐亮 (栃木ブレックス)
#41 岸本 隆一 (琉球ゴールデンキングス)
#43 永吉 佑也 (川崎ブレイブサンダース)
#51 田口 成浩 (秋田ノーザンハピネッツ)
#88 張本 天傑 (名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

オリンピック最終予選のメンバーは一人も含まれていませんので、まさに今後の若手に国際試合を経験させるという位置付けのようですね。

日本代表のヘッドコーチである長谷川氏曰く、

日本は国際ゲームの数が非常に少なく、トップチームでもなかなか行われていないですし、日本代表も同じメンバーになってしまっており、成長の機会を失ってしまっていました。これまで選ばれなかった選手を招集し、国際ゲームをして自分の長所と短所を把握してもらうことが最大の目的です。

とのことです。

ひできちとしては、一押しの篠山選手が代表に復帰しているので嬉しい限りです。

【女子チームのメンバー】

#4  大沼 美琴 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#5  池谷 悠希 (三菱電機 コアラーズ)
#6  近平 奈緒子 (シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
#7  藤岡 麻菜美 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#8  中村 優花 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#9  林 咲希 (白鷗大学 4年)
#10 根本 葉瑠乃 (三菱電機 コアラーズ)
#11 馬瓜 エブリン (アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)
#12 宮崎 早織 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
#13 赤穂 さくら (デンソー アイリス)
#14 曽我部 奈央 (富士通 レッドウェーブ)
#15 西岡 里紗 (三菱電機 コアラーズ)

スポンサーリンク

参加チームと日程及び結果

日本代表チームの対戦日程及び結果は、以下の通りです。

【男子】

7月23日(土)19:30〜
 vs チャイニーズタイペイA(48)
 → ❌(55 – 76)

7月24日(日)15:00〜
 vs インド(53) 
 → ⭕️(89 – 70)

7月25日(月)13:00〜
 vs エジプト(41)
 → ⭕️(71 – 66)

7月27日(水)17:00〜
 vs フィリピン(28)
 → ❌(66-87)

7月28日(木)17:00〜
 vs チャイニーズタイペイB(48)
 → ⭕️(72-68)

7月29日(金)17:00〜
 vs 韓国(30)
 → ❌ (45-68)

7月30日(土)13:00〜
 vs イラン(17)
 → ❌(65-73)

7月31日(日)15:00〜
 vs 米国(カリフォルニア州立大学)

*カッコ内は、FIBAランク。日本は48位。

結果

順位 成績
優勝 フィリピン 8勝
準優勝 韓国 6勝2敗
3 C・タイペイA 5勝3敗
4 イラン 5勝3敗
5 アメリカ 3勝5敗
6 エジプト 3勝5敗
7 日本  3勝5敗
C・タイペイB  2勝6敗 
インド  1勝7敗 
【女子】

8月3日(水)19:30~
 vs チャイニーズタイペイA(35)
 → ⭕️(73-68)

8月4日(木)17:00~
 vs アメリカ
 → ⭕️(92-53)

8月5日(金)17:00~
 vs チャイニーズタイペイB(35)
 → ⭕️(71-58)

8月6日(土)15:00~
 vs 韓国(新韓銀行)
 → ❌(56-57)

8月7日(日)15:00~
 vs タイ(45)
 → ⭕️(90-34)

*カッコ内は、FIBAランク。日本は12位。

って、ほぼ毎日じゃないですか!相当ハードスケジュールですね。若手でないと無理なワケだw。

FIBAのランキング的にもちょうどいい感じなので、是非とも3位入賞を目指して頑張って欲しいです。

試合の様子は、放送されなそうなので残念ですが。

結果

日本は、韓国チームと同率でしたが、直接対決で負けているので、惜しくも準優勝となりました。

順位 成績
優勝 韓国(新韓銀行) 4勝1敗
準優勝 日本 4勝1敗
3 C・タイペイA 3勝2敗
4 アメリカ選抜 3勝2敗
5 C・タイペイB 1勝4敗
6 タイ 5敗

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。結果は、また別の記事で書きたいと思います

バスケ315!

スポンサーリンク

この記事の内容が役に立ったと思ったらソーシャルメディアで共有してください
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+Email this to someonePrint this page
ひできち

投稿者: ひできち

40歳過ぎた今でも週2回バスケをこなすバスケ好き。 B.LEAGUE開幕により、日本バスケの人気復活に期待しており、自称日本バスケ普及推進委員。 現在、バスケ部所属の二児の父親でもあり、バスケ一家を支えるべく日々奮闘中。

“【バスケ】日本代表 ウィリアム・ジョーンズカップ2016” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。